FC2ブログ
  • 地味なブログを見に来てくださってありがとうございます。「記事の管理」というのを久しぶりに見てみたら、40以上(!)下書きのままの記事がありました。単純に公開ボタン押し忘れだったり画像圧縮が上手くいかずそのままだったり経過観察中だったり掲載許可待ちだったり・・・ ずいぶん前のものもあるので下書きに入っていた明確な理由が自分でもよくわからなくなっているのですが(^^; 自分の観察アーガイブでもあるので、な... 続きを読む
  • ヒナノハイゴケ科・ヒメシワゴケ属Aulacopilum japonicum樹幹に。何度か登場させているのですが庭木にきてくれたのが嬉しくてまたまた登場させてしまいました!界隈では公園や街路樹でよく見ることができますが他の地域では珍しいようです。::ずっと寝ていると思ったら2階の窓をこじ開けて脱出、3号が窓から引き上げるまたは、どこからか飛び降りて玄関から帰ってくるという荒業をやってくれるので庭に居たいだけ居てもらうこと... 続きを読む
  • (遅まきながらのご報告ですが) ウサギノネドコ京都店にて開催されている「隠花植物展」にMOSS-T PROJECTのコケTシャツを出展させてもらっています。一度は訪れてみたいと思っていたウサギノネドコさんに上陸してしまうなんてうらやましいぞコケTシャツ(笑)。今回のイベントではコケ画Tシャツ半袖 ホワイト&杢グレーコケ画Tシャツ長袖 ネイビーMOSSTシャツ半袖 ホワイト各種S・M・Lの3サイズを取り扱っていただいています。... 続きを読む
  • Diphyscium fulvifolium木漏れ日が注ぐ林床に。今年は猪年なので言わずと知れた「イクビゴケ(猪首苔)」をば(*´ω`*)蒴の形を「猪の首」に見立てた和名らしいが西欧では「麦と芒」という表現が用いられるようだ。水の滴るような岩上にはこのイクビゴケにそっくりな「ミギワイクビゴケ(水際猪首苔)」が生育している。顕微鏡でみると葉のパピラが特徴的(ミギワイクビゴケには大きなパピラがひとつだけある)なのだけどぱっと見た... 続きを読む
  • サンタのみなさまにも、サンタを待つみなさまにもサンタさん関係ないわーというみなさまにもMerry Christmoss !裏路地に蔓延るヒメイタビとハマキゴケリースっぽく撮ってみましたが、期間限定キャンドル用アレンジです。::ヒメイタビはこうやって見るとまあまあかわいらしいのだけども放置しておくと葉が大きくなり枝が太くなり大木のように育ち実がなり鳥がたくさんやってきて鳥が運んでくれたさまざまな種が発芽し・・壁面にス... 続きを読む
  • 1年以上下書きのまま放置していていまさらアップするのも何なのですがなんとジンガサゴケ、その後どうなりましたか?とご質問いただきまして(ものすごく奇特な方です)背中を押された感じです。ありがとうございます。中間報告的なジンガサゴケの成長→★★★自分でも忘れていたような地味な観察です。▼2015年11月下旬このかわいらしいハート(雄の生殖器官)を見かけたことからはじまった。雌雄同株のジンガサゴケのことだから、その... 続きを読む
  • 毎年草むしりに辟易する夏のはじめごろどうせ駆除する厄介者なら少し遊んでもらおうと思い立って蔓性の雑草を苔玉にしてみました。▼カニクサシダの仲間で樹木にからみついてとても厄介。▼カラスウリ林道などでオレンジ色の実を見るのは好きだけど、庭に生えてくると長くて大きくて厄介。▼ヘクソカズラ「ヤイトバナ」と呼ばなきゃかわいそうと思うくらい美しい花を咲かせるけれど縦横無尽に這いまくってくれて厄介。▼ヤブカラシ小さ... 続きを読む
  • イチョウウキゴケを水で育てていると腹りん片だけ残して葉状体が消えてしまうことがありどうしたものかと不思議に思っていたのだけれど容器を大きくして植物と一緒にある程度日当たりのある場所に置いたら何をせずとも育ってくれました。備忘録を兼ねてざっとその記録です。(何が功を奏したのかは不明・・)▼2017年2月 水路に流されるイチョウウキゴケを採集。 しばらくガラス容器に水を入れて栽培。大きさがまちまちなのが面白... 続きを読む

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -