FC2ブログ
  • 蔓植物の苔玉を思いつきで作ってから、気が付けば2年。▼2018年6月*苔玉と蔓春になればひとつくらい蔓の新芽がでてくるかな?と少し期待していたのですが全く出て来ず。庭で厄介な蔓たちばかりなので新芽が出て来なくて「残念」と思ったのは初めてでした。それでも、苔たちは元気だったので自然には還さずなんとなくそのままに。時々庭の花を生けて(=^・・^=)のお供えにしたりしていました。▼2019年3月▼2019年7月梅雨の間動かさ... 続きを読む
  • 法要の深い意味はお恥ずかしながらよく知らないのですが天国(と言ってよいのかはわからないけど)に向かう道中逝ったものが出会うであろうあれこれを想像しながら祈ることで少しずつ、でもちゃんと淋しさの形が変ってゆく、そういう時間でもあると教えてもらいました。七日ごと、庭にあったものをお供えに。スイセンムラサキケマンオトメツバキ金柑ツタバウンランペラペラヨメナイモカタバミ庭でカメラを構えていると、ふと尻尾が... 続きを読む
  • ヨツバゴケ科・属Tetraphis pellucida杉林の登山道脇に。2018年10月撮影蒴歯がこんなふうに4つに裂けることからこの和名が付けられたらしい。ハガクレツリフネ(葉隠れ釣舟)が美しい秋の日の登山でした。... 続きを読む
  • ヒナノハイゴケ科・ヒメシワゴケ属Aulacopilum japonicum樹幹に。何度か登場させているのですが庭木にきてくれたのが嬉しくてまたまた登場させてしまいました!界隈では公園や街路樹でよく見ることができますが他の地域では珍しいようです。::ずっと寝ていると思ったら2階の窓をこじ開けて脱出、3号が窓から引き上げるまたは、どこからか飛び降りて玄関から帰ってくるという荒業をやってくれるので庭に居たいだけ居てもらうこと... 続きを読む
  • (遅まきながらのご報告ですが) ウサギノネドコ京都店にて開催されている「隠花植物展」にMOSS-T PROJECTのコケTシャツを出展させてもらっています。一度は訪れてみたいと思っていたウサギノネドコさんに上陸してしまうなんてうらやましいぞコケTシャツ(笑)。今回のイベントではコケ画Tシャツ半袖 ホワイト&杢グレーコケ画Tシャツ長袖 ネイビーMOSSTシャツ半袖 ホワイト各種S・M・Lの3サイズを取り扱っていただいています。... 続きを読む
  • Diphyscium fulvifolium木漏れ日が注ぐ林床に。今年は猪年なので言わずと知れた「イクビゴケ(猪首苔)」をば(*´ω`*)蒴の形を「猪の首」に見立てた和名らしいが西欧では「麦と芒」という表現が用いられるようだ。水の滴るような岩上にはこのイクビゴケにそっくりな「ミギワイクビゴケ(水際猪首苔)」が生育している。顕微鏡でみると葉のパピラが特徴的(ミギワイクビゴケには大きなパピラがひとつだけある)なのだけどぱっと見た... 続きを読む
  • サンタのみなさまにも、サンタを待つみなさまにもサンタさん関係ないわーというみなさまにもMerry Christmoss !裏路地に蔓延るヒメイタビとハマキゴケリースっぽく撮ってみましたが、期間限定キャンドル用アレンジです。::ヒメイタビはこうやって見るとまあまあかわいらしいのだけども放置しておくと葉が大きくなり枝が太くなり大木のように育ち実がなり鳥がたくさんやってきて鳥が運んでくれたさまざまな種が発芽し・・壁面にス... 続きを読む
  • 1年以上下書きのまま放置していていまさらアップするのも何なのですがなんとジンガサゴケ、その後どうなりましたか?とご質問いただきまして(ものすごく奇特な方です)背中を押された感じです。ありがとうございます。中間報告的なジンガサゴケの成長→★★★自分でも忘れていたような地味な観察です。▼2015年11月下旬このかわいらしいハート(雄の生殖器官)を見かけたことからはじまった。雌雄同株のジンガサゴケのことだから、その... 続きを読む

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -