• 「山女日記」湊かなえ著ドラマ化CMを見てはじめてこれを「やまおんなにっき」と読むと知りました。(やまじょと思っておりました・・)主人公たちは、色々な思いを胸に山頂を目指しますが体力のないワタシが目指すのは山頂ではなくその途中の風景とコケを眺めること。クリみたいなコケのかたまりたち。少しずつ体を伸ばしているサガリゴケの仲間たち標高が高い場所でしかであえないチャボスズゴケやオオミツヤゴケこの日は夕方か... 続きを読む
  • 友人のおともで久々に訪れた渓谷。小一時間で行けるコケスポットというのに1年半振りでした。::立ち寄ったカフェで出会ったねこちゃんたち。おばあちゃん、おかあさん、むすめちゃんの三世代ですって。気持ちよさそう(o^^o)... 続きを読む
  • ありがたいことに、界隈の水路はコケがとても豊富。豪雨続きでしたが、流されずに悠遊と。道路側から壁に着くコケを接写するのは難しいし名前を調べるのに微妙に手が届かない距離で採集もできない。なので、ひばさみを持ち歩いてちょこちょこ採集させてもらっていたらゴミ拾いのボランティアと間違われて、罪悪感に見舞われてしまった。(で、ほんまにゴミをさがして拾って帰った。)もうずいぶんと前のことなのだけれど。ならばム... 続きを読む
  • そこのコケ見ーせーてー♪絶対ダメ(▼皿▼)低く響くようなうなり声を上げ続けていたクロネコ氏。貴殿のナワバリでしたか。失敬。飛びかかってくるわけでも何でもないけれど、ネコ氏のあまりの威圧感とかっこよさにそっと退散。このワタシがコケをあきらめて退散。それくらい威厳あるうなり声だったのです。惚れ惚れ。::久々に寒かったし、夕飯支度の前にストーブ点けてゆっくり寝そべってやろうかなと思ったけどここのコケ色ラグ... 続きを読む
  • 自然にもどりつつある工作物。しぜんの苔玉にはかなわない。... 続きを読む
  • ようやく北八ヶ岳の画像整理がおわりました。たくさん撮ったわけでもないのに、なかなかPC前に座ることができず。しかも今回は、撮ってもほとんど採れなかったので(採集禁止区域)ちょっとヘンな感じなのだ。その中でも唯一採集できたのが、宿舎周りのコケたち。熱心なコケ友さんや先輩方は5時頃からコケ観察と採集に出かけられていた。(す・・すばらしい)かくいうワタシはあーお弁当も作らんでええんやぁー7時まで寝られるん... 続きを読む
  • 学会参加の大きな楽しみである観察会。今回のオプショナルツアーは、なんと!ナンジャモンジャゴケの観察。生きているうちにナマのナンジャモンジャゴケに会える機会に恵まれようとは(゚ -Å)麦草ヒュッテから茶臼池周辺コースを通りツアーが出発。散策コースのほとんどに人ひとり通れるくらいの幅の橋桁が渡してあり、歩行者はこの上を歩くことになる。▼小さなコケは橋桁の上からではどうしても見えにくいので、着生するコケを覗き... 続きを読む
  • コケ好きであれば、一度は行ってみたい「北八ヶ岳」。そこには日本の貴重な森に選定された「苔の森」がある。そして、そこで出会えるというコケは、コケ好きからするとアイドルいや、ハリウッドスターいやいや、人間国宝いやいやいやいやどう言い表してよいのやらわからないほど憧れるとにもかくにも生きているうちに一度は会ってみたいコケが何種類もあるのだ。だ!コケ目的だけではきっと訪れることが叶わなかった聖地で今年は学... 続きを読む
  • 民家近くの木の下木漏れ日の少しだけ届くところたくさんの落ち葉と放置された木製の杭のようなもの。そこに、今はその上にあるホソバオキナゴケとハイゴケと地衣類とスカシダワラ。また落ち葉が積もる秋にはそしてその次の春にはどうなっているんだろう。コケの種類の移り変わりもじーっと観察していたい気持ちになる。時間が許せばずっとそうしていたい。「自然」ってなんやろう。と思う。敬愛して止まない「先生」がにこにことし... 続きを読む
  • サクラジマホウオウゴケ添え。::なごみたくなる12月大掃除をどうやって楽にやっつけようか思案中... 続きを読む

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -