• 「日本の地衣類」山本好和 著三恵出版『地衣類、小さき愛しきものたち。野山には人知れずひっそりと生き抜く生物は数多い。中でも地衣類はその小さな姿と目立たない色合いゆえに忘れ去られている。地衣類に少しでもスポットライトを当てたい、そんな気持ちでこの冊子を作りました。』(本書裏表紙より)「木毛」ウォッチングのための手引きなどを出されて来た山本先生の待望の図鑑。日本各地を巡って調査された地衣類を地域別の図... 続きを読む
  • 「美しい苔庭づくり」アニー・マーティン 著石黒千秋 訳エクスナレッジ 出版先ずは写真が大きくて美しい。コケのアップだけのページが時々あらわれてドキっとする。(大迫力)西芳寺からアメリカの日本庭園、コケの紹介などさまざまなテーマを取り上げられていて苔庭づくりのHOW TOのみならず苔にまつわる知識を得るための読み物として十分楽しめました。読んでいて一番うれしかったのは、著者が「苔の救出隊」であること。「も... 続きを読む
  • 藤井久子 (著),秋山弘之 (監修)クラミサヨ(イラスト)家の光出版4月に出版されたのでコケ関係のかたはすでにご存じ&すでにご購入済みであろう1冊。今頃感満載だけど、もしやまだご存じでない方がいらっしゃれば!とにかく理科好きでなくてもすんなり読める文章だしかゆいところに手が届く解説もすごくうれしい。そしてもちろん、フィールドで活用できるようビニールカバーが付けられているところは著者の前作「コケはともだち... 続きを読む
  • なんと。本当に苔コッコーの苔の絵本が出版されました!「こけこけコケコッコー」にしはら みのり 作/絵PHP研究所コケ好きにはもちろんのこと(感涙)コケを知らない方もキャラクターと一緒に身近なコケの存在を知ることができるうれしい一冊。細部にまでさまざまなコケがちりばめられていて読みながら眺めながらコケ探しが楽しめます。かえるのケロロと苔のコケコッコーが一緒におさんぽする中でたくさんのコケやコケキャラクタ... 続きを読む
  • 「いちばんやさしい苔盆栽と豆盆栽」葉住直美 著エクスナレッジ 出版「いちばんやさしい」のタイトルのとおりすぐにでもどこでも始められそうな園芸でセンスの良いアレンジとお洒落な写真が創作意欲をくすぐります。さらに、森や渓谷のような自然豊かな場所にしか生育できないコケは使わず身近な場所、例えば駐車場や道路脇に密かに分布しているようなアーバンモスを使われていることがうれしい。紹介されているものの中には「お... 続きを読む
  • 「コケの生物学」北川尚史 著こけとしだの談話会 編1月に発売されると知ってすぐにネットで予約するも在庫切れと表示され近所の本屋に取り寄せをお願いし、数週間後にようやく手にすることができました。それなのに、読み終わるまでどれだけ時間がかかってるんだろう(^^;「コケの生物学」は、プランタという雑誌に連載されていた北川博士の記事を有志の方々がまとめられ、補遺を加えて出版されたそうです。それだけでもいかに北... 続きを読む
  • 「普通日本蘚類図説」飯柴永吉・植松栄次郎・加藤銀治郎 著明治45年 東京成美堂発行http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/832624::お金があっても時間がなければどうしようもないというような(ちょっとうらやましい)話を耳にするけれどもお金もなくて時間もなくてさらには体力がなくてもコケはどこにいても大概見ることができるのでいつでもどこでも幸せな気分になれます。おまけに近頃は明治時代の古書がWEBで読めるなんて... 続きを読む
  • 「こなら亭暮らし」木佐貫ひとみ著 ヴィッセン出版オカモス会員の方にはオカモス九州宮崎コケの会世話人としてお馴染みの木佐貫ひとみさんの著書。▽先日木城えほんの郷で開催されたコケイベントで「ほら、ここにもコケが・・」を読み聞かせ中の著者★とはいえ、彼女の射程範囲はコケのみならず宮崎の自然や文化について広範な知識をお持ちのフリーアナウンサー&県内を駆け巡るラジオのパーソナリティー。(MRT放送が聴けない地域の... 続きを読む
  • 「コケもす日記」加藤宝積著なんと!コケマンガです。コケの存在に気が付いた少年がハカセと出会い、そして・・コケ愛あふれるこの本のほとんどすべてのページにリアルタッチのコケが描かれています。しかも、ほぼゼニゴケ。しかもしかも、見返し部までこだわり尽くしのコケ尽くし。ああ世の中にこのような本を描いてくださる方がいらっしゃったとは・・(*´Д`)ご購入はこちらから → ★★★そもそもこのマンガとの出会いは、コケ友Y... 続きを読む
  • 「草木と手仕事 PLANTS AND HANDS」石田紀佳著昨年出版されたこの本は、月刊誌「ソトコト」の連載記事をまとめられたもの。季節の草木とその手仕事について紹介されています。単なるHOW TO本ではないですよ。あつかう植物の歴史や豆知識などが、ぎゅっと凝縮されていてでも、決して小難しい文章ではなく、読み物としても楽しい。タイトルも駄洒落でお洒落で、もくじを眺めるだけで、にんまりします。もちろん、レシピも丁寧に紹介... 続きを読む

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30