Entries

    知りたい会いたい特徴がよくわかるコケ図鑑

    藤井久子 (著),秋山弘之 (監修)クラミサヨ(イラスト)家の光出版4月に出版されたのでコケ関係のかたはすでにご存じ&すでにご購入済みであろう1冊。今頃感満載だけど、もしやまだご存じでない方がいらっしゃれば!とにかく理科好きでなくてもすんなり読める文章だしかゆいところに手が届く解説もすごくうれしい。そしてもちろん、フィールドで活用できるようビニールカバーが付けられているところは著者の前作「コケはともだち...

    「コケの生物学」

    「コケの生物学」北川尚史 著こけとしだの談話会 編1月に発売されると知ってすぐにネットで予約するも在庫切れと表示され近所の本屋に取り寄せをお願いし、数週間後にようやく手にすることができました。それなのに、読み終わるまでどれだけ時間がかかってるんだろう(^^;「コケの生物学」は、プランタという雑誌に連載されていた北川博士の記事を有志の方々がまとめられ、補遺を加えて出版されたそうです。それだけでもいかに北...

    普通日本蘚類図説

    「普通日本蘚類図説」飯柴永吉・植松栄次郎・加藤銀治郎 著明治45年 東京成美堂発行http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/832624::お金があっても時間がなければどうしようもないというような(ちょっとうらやましい)話を耳にするけれどもお金もなくて時間もなくてさらには体力がなくてもコケはどこにいても大概見ることができるのでいつでもどこでも幸せな気分になれます。おまけに近頃は明治時代の古書がWEBで読めるなんて...

    こなら亭暮らし

    「こなら亭暮らし」木佐貫ひとみ著 ヴィッセン出版オカモス会員の方にはオカモス九州宮崎コケの会世話人としてお馴染みの木佐貫ひとみさんの著書。▽先日木城えほんの郷で開催されたコケイベントで「ほら、ここにもコケが・・」を読み聞かせ中の著者★とはいえ、彼女の射程範囲はコケのみならず宮崎の自然や文化について広範な知識をお持ちのフリーアナウンサー&県内を駆け巡るラジオのパーソナリティー。(MRT放送が聴けない地域の...

    コケもす日記

    「コケもす日記」加藤宝積著なんと!コケマンガです。コケの存在に気が付いた少年がハカセと出会い、そして・・コケ愛あふれるこの本のほとんどすべてのページにリアルタッチのコケが描かれています。しかも、ほぼゼニゴケ。しかもしかも、見返し部までこだわり尽くしのコケ尽くし。ああ世の中にこのような本を描いてくださる方がいらっしゃったとは・・(*´Д`)ご購入はこちらから → ★★★そもそもこのマンガとの出会いは、コケ友Y...

    草木と手仕事

    「草木と手仕事 PLANTS AND HANDS」石田紀佳著昨年出版されたこの本は、月刊誌「ソトコト」の連載記事をまとめられたもの。季節の草木とその手仕事について紹介されています。単なるHOW TO本ではないですよ。あつかう植物の歴史や豆知識などが、ぎゅっと凝縮されていてでも、決して小難しい文章ではなく、読み物としても楽しい。タイトルも駄洒落でお洒落で、もくじを眺めるだけで、にんまりします。もちろん、レシピも丁寧に紹介...

    秋の夜長にオススメ~宮崎のきのこ~

    秋といえば・・色々ありますが夜長の楽しみはやっぱり読書。そして秋といえばキノコ!!▼「宮崎のきのこ」黒木秀一著/鉱脈社(みやざき文庫シリーズ)/2015年9月17日発刊早々と入手していたものの、なにやらバタバタしていて美しい写真を眺めつつ気になるページを選んで覗くということを続けてきたのだが、つい先日の連休に少し体調を崩し家事も掃除もそこそこに早い時間から布団に潜り込めるいいわけができてしまった。ふふふ。な...

    霜苔

    寒いですねぇ・・寒くてもいや寒いからなおのこと苔の美しさにうっとり。苔と霜の相性は抜群です。年明けからずっとなにやらかにやら忙しいBOYSたち。学生が忙しいのはいいことだ。うんうん。と思っていたらついに2号がダウン(-_-;)看病が必要な年頃でもないのだがとりあえず自宅に籠ることになったので読みたかった本をあれこれ読破。宮部みゆき「ソロモンの偽証」は映画化されたそうですね。以前「面白いらしいよー」と高校生か...

    コケのふしぎ

    「コケのふしぎ」樋口正信著サイエンス・アイ(2013年6月刊行)コケ読み物+コケの教科書+コケ図鑑が、ぎゅっと詰まった一冊。コケに興味のある方にはぜひお薦めの一冊です。コケ展に行けなかった方にもお薦めです。夏休みの自由研究にコケに取り組みたい小中学生さんはこの一冊だけで充分なのであるいは調べ学習に熱心な先生から「一冊しか読んでないのかっ」と突っ込まれるかもしれません。■追記:概要はこちらで→ ★★★(サイエン...

    都市化とダニ

    コンクリート建造物のコケに生息するササラダニ類青木淳一著(東海大学出版会2000)知らなかったワタシはコケ好きとしてもぐりでございました。なんと。日本中のデパートの屋上や線路際などからコケを採集しその中に住まうダニを調べつくされたという。この本はその記録です。(コケは専門家により同定されています。)今までコケの中に何度もダニを見つけては厚紙の上に垂らした速乾木工用ボンドの中に封じ込めてきました。小さな...

    Appendix

    プロフィール

    musimegane6

    Author:musimegane6
    アート目線なコケ観察。
    いきもののカタチは美しい。


    コケとコケのまわりのブログです。

    カレンダー

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: