• コケ友さんと企画した『キビダンゴ』(15個入り1200円)11月10~12日まで京都府立植物園で開催される「苔・こけ・コケ展」で限定販売します。実際にダンゴを作ってくださるのは岡山の老舗も老舗安政三年創業の廣榮堂さん→★★★なので、お味はお墨付き。コケ好きの要望に(びっくりするほど)迅速かつ丁寧に対応してくださいました。コケ柄プリントはもちろん食用インク使用で安心してお召し上がりいただけます。15種のコケ柄やキビノ... 続きを読む
  • ワークショップでした。プロの園芸屋さんではないので、私としてはあくまでもコケと仲良くなってもらうための入口のようなもの。お話しをいただく都度、予算や参加人数、季節や容器によってレシピを考えます。育てたコケを使ったりもしますがほとんどは、国道沿いなどにいる、定期的に「掃除」されてしまうようなコケたち。コケの多い界隈だからできることなのかもしれないのですがなんというかヒメジョオンやドクダミなどの野草を... 続きを読む
  • コケイロさんに注文していたコケアイテムが到着。はやく中身が見たいけれど、少しだけ落ち着いてラッピングの様子を。どこもかしこも、コケコケ+お洒落でたまりません。箱のすみっこ小さな紙モノラッピングシールとポスカコケアクセサリーの箱そしてその中身(ちらっ)数年前からは想像もつかないくらいコケがもてはやされている中、このようなマニアックなアイテムを生み出してくださるとは・・・!ざ・ヤスデゴケ。木の幹の上に... 続きを読む
  • 糸で巻かずに丸めただけの苔玉。ちょうど2ヶ月前、道路脇でハイゴケとキランソウが仲良く生えているのを見つけ↓そのまま丸めて持ち帰りました。2ヶ月もの間、ほとんど形成もせず、たまに水をやる程度で庭の片隅で元気に生きています(o^^o)こんなコケ遊びが私のコケの入り口でした。... 続きを読む
  • 「出せーっ 出してくれーーーっ」という声が聞こえてきそうな勢いで育っていたミズゴケ。そのうち自分で蓋開けてしまうんじゃないかってくらい(*´Д`)蓋をあけると「やれやれ~」と言っていたかどうか・・カラダを曲げてよじって・・窮屈だったよね( ;∀;)やっと剪定して瓶を分けました。ほっ。::これは9月に職場でたくさんいただいた一部をテラリウムにしたもの。ランの育成などに使われるミズゴケ。(ホームセンターなどでぎゅ... 続きを読む
  • ハイゴケだけを丸めた小さなコケ玉。今年の6月に丸めたものが少し成長中。幼稚園保護者有志の集まりから始まって数えてみたら12年ほど続いている味噌作り。先週作ったみそ玉。手で丸める感覚成長の過程楽しいな♪::心優しい方が、図書館戦争のTV特集をDVDにしてくれました。(これも先週のことだけど。)ありがたやありがたや~!原作は読んでいたけど映画化されたものを見るのは初めて。榮倉奈々ちゃん、かわいいい♥シリー... 続きを読む
  • 発端は、この2つのピン。コケそっくりというのはいうまでもないが「コケっぽい」のではなく、まさにコケそのもの。種(または属)の特徴をつぶさにとらえ表現されつつももちろんアクセサリーとしての魅力満載の逸品。しかもこのサイズである。これらは、昨年心優しいコケ友さんたちからいただいた京都コケ展のおみやげ。コケ好きならその名を知らない方はいないであろうコケ手芸家「コケイロ」さんの作品である。左のケチョウチン... 続きを読む
  • コケのテラリウムワークショップでした。ええと今日は長いです。ほとんど自分の記録なので、興味の無い方はどうかすっとばしてくださいませ。コケのテラリウムは、コケと瓶さえあれば作ることができます。一口にコケのテラリウムといってもその方法はたくさんあるようで、▼科博のコケ講座のお土産にいただいたタマゴケのテラリウムは小さなスクリュー管に滅菌したコケを濡れたティッシュで包んで入れられたシンプルなものでした。... 続きを読む
  • 「小さなコケの世界」展示に小さなコケのジオラマを作らせていただきました。最初は、生のコケを展示して、たくさんの方にモフモフ感を体験していただきたい!と思っていたのですが博物館的に、ナマモノそのままを展示することはNGとのことで敢え無く撃沈。けれど、ショーケースの中ならOKが出たのでジオラマ制作をすることになったのです。コケジオ、めっちゃ低予算で作れますよ?おひとついかがでしょうどうでしょう。(= ̄∇... 続きを読む
  • エントランスロビーの小規模な展示。「小さなコケの世界 ~It's a small moss world~」宮崎県総合博物館の主催で20日より開催中です。一応、7月10日まで開催ということですが夏休みに向けての「大妖怪展」準備のため早めに撤収となる可能性もあるそうです。「隙間期間の隙間展示」というのがいかにもコケらしい(笑)告知もなければ宣伝もされないそうでそれはあまりにコケ好きとして寂しいのでここでちょこっと紹介させてください... 続きを読む

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -