• 石垣の合間に。ツノゴケの仲間はその名のとおりツノのように見える胞子体をつけます。熟すと上からねじれるように縦にさけて胞子を放出します。ツノゴケのカテゴリを作っていないのでタイ類に入れていますが分類はツノゴケ網とされています。→ツノゴケカテゴリ作成しました。暑い一日でしたね。Mさま、Fさまお疲れ様でした。ありがとう!... 続きを読む
  • 箱入り娘なり。そして新鮮なお食事ご所望なグルメな方てもあります。ええとみみずで良い?... 続きを読む
  • 水滴る岩の上に。暗い上に足下は石がごろごろ、まともに撮れません(涙)石の上に置いてみた。うーん。いまいち。ぱっと見は、サナダゴケの仲間に似ています。けれど顕微鏡下ではまったくのベツモノ。ぎざぎざぎざ。おまけに細胞にパピラがあるのでなかなか特徴的なのです。コケ採取の際に連れ帰ってしまった小さな方。小さいと言っても4mmくらいあるのでワタシにしてはまあまあなサイズかもしれません(?)この方の名前は「テン... 続きを読む
  • 朽木上に。横たわっている木には引力があって知らない間に引き寄せられているのです。さあて夏休みですねー給食ってありがたいですねー... 続きを読む
  • 目的が無い限り足を踏み入れることのないと思われる隠れた渓流へ。台風のあとで増水した川をがっぽんがっぽん歩いているとあこんなところにカクレゴケ。知らなかったなぁ。葉の裏に隠れたマッチョでゴールデンな方。隠れフィールドはあそこのコケとあの辺のコケいっしょくたに見られるような場所だったのでついついあれこれ採集してしまい勝手に決めた採集のお約束「一回に20種」をかなりオーバーしてしまいました。放置すると訳が... 続きを読む

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -