• ざ・新学期。なんとか無事に宿題を終えた我が子らを見送りほっと一息。そして初日から始まる給食。ありがとう。引き続き奈良のコケ。オオギボウシゴケモドキ・・ 長っ!大 擬宝珠苔 もどき。かな?基部背面も覆面もたくさんの小さなパピラ。給食が始まったことより嬉しいことがひとつ。夏休みにほんのちょこっとだけ実験のお手伝いした中学生くんの自由研究のコピーを頂きました。テーマは「コケの生態」。研究の動機から始まり... 続きを読む
  • 引き続き奈良のコケ。石灰岩上。ぴかぴか てかてか。葉の基部の縁が内側に折れ曲がって小舌状に。さあ泣いても笑っても夏やすみはあと1日!... 続きを読む
  • やっと奈良で採集したコケを覗くことができました。一番最初に見たかったのがこの小さな小さなチョウチンゴケ。乾燥させておいた標本を水に戻すと青く青く。あああかっこよい!... 続きを読む
  • 夏休みも残すところあと2日。ほっと一息・・ではありませんでした。わ・・我が子の自由研究がまだ完成していなかった(涙)本人は余裕綽々で「撮った写真プリントアウトして~」こんな写真とか・・3号撮影。カタハマキゴケらしき付き蘚類。こんな写真とか。同じく3号撮影。ナガハハリガネゴケと思しき蘚類。前々から食卓の上はコケやら発砲スチロールやら瓶やらが幅をきかせて何やらやっているのは気付いておりましたが・・あと2... 続きを読む
  • 沢山のコケ写真をもって女の子がコケの名前をたずねに来ました。大きさがわかるように指といっしょに撮った写真一枚一枚に自分で付けた名前を付箋に書いて貼ってありました。うう。泣かせる。写真だけではちゃんとした種名はわからないけれどなんとかかんとか7割くらい名前をつけてみました。界隈には細くて長い「毛」のようなコケがたくさん生えています。女の子のコケ写真にも石壁にへばり付いた緑色の毛が写っていましたがミド... 続きを読む
  • 石垣に顔を近付けて横から眺めるとかわいいに出会うことがあります。は歯ナシ。Weissiaの中で閉鎖果でなく、歯が無いのは3種だけなんですね。コゴケ属のは春たくさん見かけますが夏に採集したのははじめてかもしれません。蚊が多くて多くてコンデジでささっと撮ってそそくさと退散!... 続きを読む
  • 宮崎県総合博物館で開催されている「昆虫パワー展」に行ってきました。近年新種発表された「カカトアルキ」の標本展示や映像による紹介異国の美しい(そして美しく作成された)蝶の標本子どもが楽しめる昆虫クイズなどなど3号とたっぷり楽しみました。これはジュラ紀のトンボの化石の端っこの部分。しのぶ石でしょうか。シノブゴケそっくり!... 続きを読む
  • 直径約2㎝長さだいたい20㎝。準備万端!実はこれ、アルマンアナバチに使っていただこうと用意したものです。アルマンアナバチはコケを使って産室を仕切ると教えて頂きどうしてもその様子を見たくなったのです。明日から入居者募集です。... 続きを読む
  • 昨日は夏休みの自由研究のお手伝いでたくさんのコケを観ました。田舎のおじいちゃんに送ってもらったという東日本からやってきたコケの中には馴染みの無いコケがあったり馴染みのコケももしかしたら違う種なんじゃないかと疑ってみたり・・なんとか30種ほど名前を付けました。限られた時間だったので属名まででお茶を濁したものもアリ。まだまだ修行が足りません。そんな中すぐに種名のわかるコケに出会うとほっとします。ちゅーち... 続きを読む
  • ネットで見つけて欲しいと思っていた書籍。 森の本屋さんで見かけて即購入してしまいました。 えらいことカッコ良いです。 寒い夜に紅茶を飲みながら眺めたい。 さらに、かわいい値段だったので思わずぽちっと買ってしまった古本。  昭和5年発行。岩波書店。 60ページ程の薄い本なのですが、総説から蘚類、タイ類の分類、標本制作方法まで コケのいろはがぎゅっと詰まっています。 ユニークな和名。・をとめごけ属=Hookeria... 続きを読む

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -