• 日当たりの良い古い森の広場樹幹にぽつっと生えていたチャボサヤゴケ Glyphomitrium minutissimum普段良く見るサヤゴケG.humillimumよりちょっと小さめです。日本のサヤゴケ属にはもう1種、チヂレサヤゴケ G. crispifoliumというのがあるのですが分布が本州となっていて、まだ出会ったことがありません。追記チヂレサヤゴケをたどってみるとこの種は野口彰氏によって1968年に発表されたコケ。採集地は長野県は御嶽。ぬうう。出会... 続きを読む
  • 虫友に誘っていただき昆虫写真家の新開孝さんの講演を拝聴しました。それはそれは美しいカメムシの写真ときめ細やかな観察記録にため息。しかもくすっと笑えるユーモアたっぷりな講演であっという間の1時間でした。てなわけでちょっとカメムシなモードです。8月27日に撮ったほんの証拠写真なオオキンカメムシ。こんな時に限ってズームできるコンデジではなくデジイチマクロしか持っておらず。遠い・・・いつもの山道ですがこのポイ... 続きを読む
  • ここから先は神様の領域。 手をあわせて お賽銭を置いたから 少しだけ 少しだけ コケを覗かせて下さい と・・ サキグロホシアメバチに睨まれているような気がしました。 遠くで探し物をしている友の姿をみつけてほっと安心。... 続きを読む
  • 久々に採集したこの方顕微鏡で覗かなくとも名前がわかるコケです。 毛だらけです。 「毛」と呼ばれる仮根をクローズアップ。  先に付いている緑色のイモムシのようなものが無性芽。 育つとポロッと取れるんですね。  たくさんの無性芽が見えたレンズの向こう側はまるで ラッキーセブンのアルプススタンドのような・・ いや、わかる方にしかわからないんですけどね。ね。... 続きを読む
  • 朝夕肌寒くなってきました。 風邪などひいて  ずずずっ  青っ洟垂らしたりー な状況に陥りませぬよう お気をつけ下さいませ。... 続きを読む

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -