• 日当たりの良い古い森の広場樹幹にぽつっと生えていたチャボサヤゴケ Glyphomitrium minutissimum普段良く見るサヤゴケG.humillimumよりちょっと小さめです。日本のサヤゴケ属にはもう1種、チヂレサヤゴケ G. crispifoliumというのがあるのですが分布が本州となっていて、まだ出会ったことがありません。追記チヂレサヤゴケをたどってみるとこの種は野口彰氏によって1968年に発表されたコケ。採集地は長野県は御嶽。ぬうう。出会... 続きを読む
  • 虫友に誘っていただき昆虫写真家の新開孝さんの講演を拝聴しました。それはそれは美しいカメムシの写真ときめ細やかな観察記録にため息。しかもくすっと笑えるユーモアたっぷりな講演であっという間の1時間でした。てなわけでちょっとカメムシなモードです。8月27日に撮ったほんの証拠写真なオオキンカメムシ。こんな時に限ってズームできるコンデジではなくデジイチマクロしか持っておらず。遠い・・・いつもの山道ですがこのポイ... 続きを読む
  • ここから先は神様の領域。 手をあわせて お賽銭を置いたから 少しだけ 少しだけ コケを覗かせて下さい と・・ サキグロホシアメバチに睨まれているような気がしました。 遠くで探し物をしている友の姿をみつけてほっと安心。... 続きを読む
  • 久々に採集したこの方顕微鏡で覗かなくとも名前がわかるコケです。 毛だらけです。 「毛」と呼ばれる仮根をクローズアップ。  先に付いている緑色のイモムシのようなものが無性芽。 育つとポロッと取れるんですね。  たくさんの無性芽が見えたレンズの向こう側はまるで ラッキーセブンのアルプススタンドのような・・ いや、わかる方にしかわからないんですけどね。ね。... 続きを読む
  • 朝夕肌寒くなってきました。 風邪などひいて  ずずずっ  青っ洟垂らしたりー な状況に陥りませぬよう お気をつけ下さいませ。... 続きを読む
  • 紅葉には早いけれど 秋の色いろいろ 蝶いろいろ。  ・・・・・・かわいいコケ友の かわいいブログにリンク頂きました。 その名も 「かわいいコケブログ」 なかなかにユニークな触角をお持ちの 見目麗しく実はオトコマエなコケガールであられます。またいっしょにコケを食べましょう?!コケ好きにはもちろん、コケに興味の無い方でも 思わずコケに触れたくなるようなブログ、ぜひ覗いて見て下さいね。... 続きを読む
  • 昨日自転車で遊びに行ったはいいが大雨で帰れなくなった3号とその友人をお迎えに行ったお宅の庭木に。 大雨が降ることくらい想定できただろうにちょっと留守にしたすきに出かけてしまった模様。やられたー(笑)明日は自転車を取りに行かねば。・・・・・あまり見ることのないTV今日は台風関連のニュースに釘付けでした。今夜から明日にかけて台風の影響が出る地域のみなさまどうかどうかお気をつけ下さい。... 続きを読む
  • ドライフラワーというものがあるのだからドライモスはいかがでしょう。コケの標本はすべてドライモスだけれども観賞用としても十分すぎるほど魅力的な色なのでありますよ。川沿いの公園で拾ったノミハニワゴケ付きの枝を紙袋に入れたまま乾燥させること2ヶ月。(放置したまま忘れていたともいう)適度にくすんだ緑から茶色のグラデーションが好みです。しかも虫に喰われないいたみにくい手入れが要らない!なんて素敵。唯一欠点が... 続きを読む
  • 雨が続いています。めずらしく数時間ひとりきりで家にいることができたのでお預かりしていた標本をちらっとOPEN。(やっとかー すみませーん)コセイタカスギゴケ。10cm程。大きいです。葉の鞘部の縁に歯があるので他の種と区別できますね。あひとりきりじゃなかった!未整理標本の箱がお気に入りの方がいらっしゃいました。うとうとうと・・... 続きを読む
  • 今年初めて見たヒメジャゴケの雄器床。♀からにうううっとが出るのはずっと先の早春。寒い冬を耐えるのですね。さて今日は阿蘇の便りが届きました。ツクシフウロ。綺麗~♪ありがとうございました。いつか訪れてみたいなぁ。... 続きを読む

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -