• そのかたちに出会うたびみとれてしまうツボミゴケの仲間たち。名前を調べるのが苦手な属なので深追いをせず・・。ただうっとり。顕微鏡下でもうつくしくうっとり。Jungermannia infusca オオホウキゴケかな?... 続きを読む
  • 湿度の高い日陰の石に。ホウオウゴケ属のホウオウゴケ。だ!小種名「nobilis」は 気品のある とかいう意味らしい。なのに ただのホウオウゴケというのは寂しいような気がします。属名と同じ種名が和名にあるので種名まで分からない場合はつねに「~ゴケの仲間」という言い方をすることになるので・・どうでしょうnobilsもなんとかホウオウゴケにしちゃうというのは。マゴケというのがあるのでマホウオウゴケ(真鳳凰苔)とか。... 続きを読む
  • 夕食のお買いものにでかけるつもりがあまりに↑↑なBGMがカーオーディオから流れてきたので(2号の仕業。たぶん。)スーパーマーケットをスルーして気持ちよくドライブ。キャンプ場の奥まで行ってしまったらば長靴でも山靴でもなく皮のスリッパで行けるところまで行ってしまい滝のすぐ近くまで入り込みました。やはー傘もしくは合羽が必要です。近付いたとたん雨のように水が落ちてきました。とにかくノコギリゴケがすごいのです。一... 続きを読む
  • ずいぶんと前にに倒れた木の幹に。このコケは界隈の森や林でよく見かけます。森を行かれる方木製の手すりや倒木なんかがあればちょっと立ち止まって顔を近付けて見て見て下さい。ひゅんひゅんと糸が立っているのが見えるかもしれません。コケを覗いている間まったく目に入らず倒木から離れ際にふと目に入ったシロキクラゲ。透明感と不透明感が角砂糖のようです(^^)... 続きを読む
  • 滝の傍空中湿度が高い木の枝に。シダレゴヘイゴケ。そしてこちらはヤマトコミミゴケ(の花被)。もうすぐ胞子体(黒くてまるっこいの)が出てくるぞというタイミングで採集したようで申し訳ない。歪なグリーンボール。胞子です。今日はヤマガカシとヒキガエルに出会いました。もういい加減寒いのでお早めに冬眠してください(汗)。... 続きを読む
  • 渓流沿いの遊歩道脇に。ハネゴケの仲間を採集したのは数年ぶりでした。ヤマガカシが潜んでいるのを近くで目撃した友人がいたのでちょっと腰引け目に・・・... 続きを読む
  • 楽しみにしていた草暦が届きました!  今年も使わせていただいているこの暦には 海山の風物や節気のことばが記されていて それらの言葉や絵を覗くと 季節の移ろいの音が聞こえてくるような そんな不思議な でもとてもシンプルな暦なのです。 そして2012年度の暦にはなんとなんと! コケヶ丘が登場!ページの下にコケの丘が描かれているのですよ。ふふふ。大好きな暦に大好きなコケが登場するなんて贅沢すぎやしませんか... 続きを読む
  • 暑くて思わずカーエアコンを入れてしまう今日暦の上では冬になったのですね。昨日は半袖で蚊に喰われながら山沿いの道を歩きました。ボロボロになってがんばっているアゲハに見とれていると知らない間にべっとりねっちゃりな種がたくさんくっついてきていました。ぬう。どこでくっつけたのか辺りを見回すと・・あったあったオカダイコン。森歩きをされる方、良い対処方法があればぜひご伝授いただきたい(T_T)手で触ると手にくっつ... 続きを読む
  • 朝5時に起きて向かうはコケの森ではなく子どもたちの活動送迎です。試合やら練習やら・・ ここ2週間で1000キロ走ったかもしれません。今の子どもたちは忙しいですねー練習場の体育館横でなにげに採集したイタチゴケに小さな虫が潜んでいました。3mm程の綺麗な虫。ムツボシトビハムシ Amphimeloides bistripunctatus (1属1種)と教えていただきました。後足が発達しているのでよく跳ねるらしく実体鏡下で何度も見失う見失う・・... 続きを読む
  • 渓流沿いの枝に。以前から生育が確認できた場所周辺の環境が少しずつ変わってどんどん薄く儚くなっていくので他の生育場所を探しました。2週間程前のことです。渓流沿いで明るくてそれらしき枝を下から見上げ背伸びしてコンデジを振りかざすようにして撮って見ました。BINGO。居られる場所がこれ以上少なくなりませんように。... 続きを読む

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -