• そのかたちに出会うたびみとれてしまうツボミゴケの仲間たち。名前を調べるのが苦手な属なので深追いをせず・・。ただうっとり。顕微鏡下でもうつくしくうっとり。Jungermannia infusca オオホウキゴケかな?... 続きを読む
  • 湿度の高い日陰の石に。ホウオウゴケ属のホウオウゴケ。だ!小種名「nobilis」は 気品のある とかいう意味らしい。なのに ただのホウオウゴケというのは寂しいような気がします。属名と同じ種名が和名にあるので種名まで分からない場合はつねに「~ゴケの仲間」という言い方をすることになるので・・どうでしょうnobilsもなんとかホウオウゴケにしちゃうというのは。マゴケというのがあるのでマホウオウゴケ(真鳳凰苔)とか。... 続きを読む
  • 夕食のお買いものにでかけるつもりがあまりに↑↑なBGMがカーオーディオから流れてきたので(2号の仕業。たぶん。)スーパーマーケットをスルーして気持ちよくドライブ。キャンプ場の奥まで行ってしまったらば長靴でも山靴でもなく皮のスリッパで行けるところまで行ってしまい滝のすぐ近くまで入り込みました。やはー傘もしくは合羽が必要です。近付いたとたん雨のように水が落ちてきました。とにかくノコギリゴケがすごいのです。一... 続きを読む
  • 滝の傍空中湿度が高い木の枝に。更新が随分と滞ってしまいました。その間もずっとコケは覗いていたのですがお天気が悪かったり、暗い場所だったりでアップできるような画像が無かったのです(涙)他に撮った画像と言えばヤマトコミミゴケの花被。もうすぐ胞子体(黒くてまるっこいの)が出てくるぞーというタイミングで採集したようです。歪なグリーンボールな胞子。今日は森でヤマガカシとヒキガエルに出会いました。えええっとそ... 続きを読む
  • 渓流沿いの遊歩道脇に。ハネゴケの仲間を採集したのは数年ぶりでした。ヤマガカシが潜んでいるのを近くで目撃した友人がいたのでちょっと腰引け目に・・・... 続きを読む

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -