• 時間を潰す。英語ではkilling timeって言いますよね。時間をkillするわけです。潰すべき時間があるというのはとても楽しみなことで前もって時間を潰さなければならないとわかっているとその時間用にいそいそと本を選んだりできます♪最近隙間時間に読んでいる本。「単独行」加藤文太郎少し前になりますが1号がコミックの方(坂本眞一:画)の「孤高の人」にハマり私も最近になって17巻を一気読みしてしまいました。新田次郎の原作は... 続きを読む
  • これなんでしょ。おほほほほじゃなくて・・シンプルな棒一本その上に ぺたっ竹とんぼじゃないよもう一度ぺたっ・・あ。失敗。葉は重ならなければなりません。もう一度。ぺたぺたぺた・・オオウロコゴケでした♪ってそう見えるといいな^^;... 続きを読む
  • 山伏先生からのコケみやげ大きな蘚類に絡まっていたタイ類。標高900mの石灰岩地。湿った状態なんですが背片が内曲してます。背片の付き方を背側から。キール(腹片と腹葉がつながって(折りたたまれて)いる部分)を撮りたかったのですが上手くいきません(>_... 続きを読む
  • 山道の木の幹に。雨続きなので採集してそのままだった標本をぼちぼちと・・。シッポゴケの仲間はちょっと苦手なのでどうしても後回しにしてしまうんです。「しっぽ」とだけ書いてそのままの標本、実はまだ数点あったりして。ごめんね しっぽ。この方の特徴はやっぱりこの翼部の細胞かなぁ。小雨の中のネジバナ。雨が嬉しそうなツチガエル。いつ見ても顔しか出していません。知らない間に居付いていた模様。... 続きを読む
  • 木の幹に。細い糸の様なもふもふ。コモチイトゴケの「コモチ」は「子持ち」。無性芽を付けることに由来しています。数本の茎をピンセットでつまみとり水につけてからスライドグラスの上でしゃぶしゃぶしそのまま茎を持ち上げるとスライドグラスに落ちた無性芽が残ります。こんなの。ちなみにワタシは子持ちなら昆布が好きです。... 続きを読む

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30