Entries

    登る

    「孤高の人」を読んでからロッククライミングというものに憧れておりました。(自分にとって可能不可能は別として。)岸壁に悠々と群をなしているコケを見るたび近付いて見てみたいと思うからです。が、実際に体験した方のお話しによると指を掛けるだけで精いっぱいの出っ張りを頼りに登ってゆく途中では自分のカラダを支えるのが精いっぱいでコケなどゆっくり見る余裕などなく採集なんぞしようと片手を離した時点でOUTだそうです...

    葉見ず苔

    最近撮ったものではないけれど。これに似た(あくまでも当社比)美味なチョコの余韻に浸っております。薄く地を覆う宿存性の原糸体はまるで抹茶をまとったチョコのように見える・・かな?...

    ヤマトケビラゴケ

    森の石の上に。褐色の花のようなものは胞子が入っていた場所。丸い蒴が割れて中の胞子を飛ばしてしまったあとは花のようにみえることがよくあります。顔を近付けてみなければわからないひっそりとひらいていた小さな花。小さな春。ヤマザクラがもう満開だよはやいねもう春だねーと友人が教えてくれました。うーん。小さな春をみつけようと大きな春をみすごしていた模様。春が来るのはうれしいけれど気温上昇とともにあらわるヤマビ...

    イヌケゴケ

    潤う森に。なんて地味な画像なんでしょ(笑)足下の倒れた枝に生えていたみどりの毛は他のものと雰囲気が違って見えてつい連れて帰ってしまいました。細胞壁上のパピラ(突起)に焦点を合わそうとすると他の部分がちょっと残念な画像に。この学名は私には合わないらしくものすごく覚えにくい。そのくせ和名がものすごーく覚えやすいので余計に学名は記憶に残らないのです。スペル、見た目はうつくしいのだけれどSchwetschkeopsis f...

    ホウオウゴケ

    県道脇の滝の近くに。 ホウオウゴケの仲間は何十種もあるけれど このFissdens nobilisはホウオウゴケ科ホウオウゴケ属のホウオウゴケ(鳳凰苔)。 優美です。...

    Appendix

    プロフィール

    musimegane6

    Author:musimegane6
    アート目線なコケ観察。
    いきもののカタチは美しい。


    コケとコケのまわりのブログです。

    カレンダー

    01 | 2013/02 | 03
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 - -

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: