• 街路樹の幹に。小さな蒴をたくさん付けたコケの群生。白っぽく見えるのは、葉先が白く長く伸びているから。コゴメゴケ属には蒴歯の無いコゴメゴケと、蒴歯のあるイヌコゴメゴケがあるらしい。この群生についていた蒴はみんな幼くて蒴歯が育っていなかったけれど古い蒴に、歯がしっかりと残っていた。維管束植物のように、枯れてボロボロにならないのがコケの便利なところ。(と、植物のタイプ標本を見て苦労された先輩のお話しを聞... 続きを読む
  • あれやこれやの送迎の合間に立ち寄った古いお寺。日本昔話に登場するとすればやまんばとか小豆研ぎ(妖怪)とかそういったものが出てくるお話しの舞台になりそうな・・。境内の大きな楠には新しいしめ縄が巻いてあったので見放された場所ではないらしい。その楠に群生していたヒメミノゴケ。ミノゴケの仲間の中でも毛が無い帽を持つので見分けやすい。妖怪話ではなくミノを着た小さなひとたちがお正月が来る前によいさ よいさと、... 続きを読む
  • 近所ではゼニゴケよりもよくみられるトサノゼニゴケ。決してめずらしいコケではないけれど春になると桜前線と同じくらい気になるコケで近くの群生地を毎年覗くのが楽しみでした。雨の流れによって出来た小さな小さな渓谷は2月下旬から3月上旬にかけての雨続きに洪水状態(水たまり)になります。水没している子たちもおりますが元気そうです。ゼニゴケの仲間は、雄器床(雄の傘)のてっぺんに水がかかると精子を放出し、その精子は... 続きを読む
  • さぼってばかりだった植物教室に参加しました。オニヤブソテツの美しきソーラスを覗いたりトベラのねばねばな種を食べてみたり(まずい・・)ハマヒサカキの黒い実にうっとりしたりハマビワの葉のもふもふに触れてみたりマユミが宝石をつけていたりシロバナセンダングサの種をじっくり見たりツルナをお味噌汁の具に・・とちょこっと摘んでいる方がいたり民家から逃げ出したと思われる大根が群生していて大根葉をみんなで摘んで、レ... 続きを読む
  • 畦道にしゃがみ込むと枯れた草の間にハイゴケが見え隠れする。「土手草」とも呼ばれ昔は「手鞠」の芯に使われていたらしい。雑草がなりをひそめる寒い季節は今ぞとばかりにコケが存在をアピールしているようでこれまた楽しいのであった。... 続きを読む

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -