• この暑さというのにエアコンが壊れてしまい急遽取り変えをすることに。10年前取りつけた時から置かれていたコンクリートブロックを観るとハマキゴケの仲間らしき方々が・・小さな場所だけれど他の種(おそらくハリガネゴケの仲間)も混生。たくましさが泣けてくる。。ハマキゴケの仲間は種類があって見分け方のひとつに、無性芽のカタチがあります。我が家のエアコン室外機の前のコンクリートブロックに住み続けていたハマキゴケ... 続きを読む
  • メモ帳に書き込みをしていたら何かデコボコ。その正体は、挟んであった小さなコケでした。存在を思い出せてよかった!それは7月の初旬、H先生のガイドさん向けコケ講座にお邪魔させていただいた時のこと。H先生:「コケは同定が難しく、名前を調べるには顕微鏡が必要になります。なので、今日はコケの名前は5つ、そして蘚類と苔類の見分け方についてはぜひ覚えて帰ってください。」「まず、蘚類は主に茎と葉に分かれていて裏と... 続きを読む
  • お暑さのお見舞い申し上げます。猫は家の中の一番気持ちの良い場所を知っているそうですがその通りだと思います。愛猫のナマエは↓このコケからいただきました。「キンモウゴケ(金毛苔)」の学名「Ulota」といいます。吹雪に出会って往生した時の画像ですが今見ると涼しげではないですか。灼熱の太陽に負けないようみなさまご自愛ください。追伸伸びて広げてえらい恰好ですが女子でございます。ごきげんよう。... 続きを読む
  • トサノゼニゴケとコバノチョウチンゴケとヒメタチゴケがきのこの下ですくすく育っているー♪と、コケ好きは思うのですがどーみたってキノコメインな写真なのだった。::「注意報」がほとんど「警報」に変わりました。やってきたね。ノグリー。... 続きを読む
  • 杉の木の幹に、小さなうごめくもの。地衣類をまとったシラホシコヤガの幼虫でした。すぐ下にはセマダラコガネが雨宿り。ぶんっと大きな羽音とともにやってきたのは立派なノコギリカミキリ。足元のアリの行列は、たまごを抱えて何メートルも移動中。樹の上を目指していたようだけれど台風が来るのを知っているの?それとも毎年のこと?::追記::卵を抱えたアリの名前を「アミメアリ」と教えていただきました。ナンメートルも卵や... 続きを読む

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -