Entries

    ヒメジャゴケ男子

    土手や石壁や色んなところで育っているヒメジャゴケの男子たち。ジャゴケの男子は晩春~初夏ヒメジャゴケの男子は秋に成熟。春婚と秋婚。どちらもいい♪デスクワーク山積みの間に秋は深まっている模様。うずうず。...

    アリノタイマツ (追記アリ)

    蟻が小さな松明を持っているところを想像すると楽しい。灰色の地衣類からニョキニョキ出ているけれどキノコの図鑑に載っていたのでこれはキノコ?地衣類とキノコのつながりもっと知りたいなぁ。:: 追記 ::アリノタイマツは、現在※地衣類に分類されることが多く担子菌地衣と呼ばれていると教えていただきました。オレンジ色の魅惑的な松明は地衣類の子器なのだそうです。(※地衣類というのは菌類(多くは子嚢菌)と藻類の共生...

    「ナンジャモンジャ」と翻訳サイト

    ナンジャモンジャゴケという、ユニークな和名のコケがある。このコケが日本で発見されたときこれは、コケなのか何なのかわからないいったいなんじゃもんじゃ?ということでこう名付けられたそうである。コケ界ではあまりにも有名でここでこのコケの説明をするというのもおこがましい。興味のある方は、下記リンクをご覧いただきたい。国立科学博物館「ナンジャモンジャゴケとは?」「謎のコケ ナンジャモンジャゴケへの挑戦」絵本...

    枝好き

    枝が好きだ。もちろん、コケの付いた枝。木にとっては、あまり喜ばしいことではないけれど台風の後などは、高木の枝が折れて落ちていてほくほくして拾ってしまうのである。サルでもなきゃ普段は見られない場所のコケだ。(かといって、別段めずらしいコケがいるわけでもないのだが。)ふふ。Σ(・ω・ノ)ノすきあらば遊んでやろうと枝を狙うしっぽのついたひと。こればかりはやれない!(ฅ`ω´ฅ)...

    ヒナノハイゴケと銀杏

    少し前のこと。ネコバスを見た。ミッキーとミニーが座ってネコバスを眺めているという設定。ジブリとディズニー夢のコラボレーションな文化祭展示。若いって・・ なんでもありだな(^m^)帰り道の校庭大きなイチョウにヒナノハイゴケがたわわにサクを実らせていた。若いサクって・・美しいな(^m^)足元にはこれまたたくさんの銀杏!これは拾わなきゃ♪と思ったら、大きなバケツを持った用務員さんがかなバサミでひとつひと...

    Appendix

    プロフィール

    musimegane6

    Author:musimegane6
    アート目線なコケ観察。
    いきもののカタチは美しい。


    コケとコケのまわりのブログです。

    カレンダー

    08 | 2014/09 | 10
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: