Entries

    スポンサーサイト

    瓢箪!

    隅っこにひしめき合っていたヒョウタンゴケたち。そして隅っこから隅っこを伝うように瓢箪祭りが開催されていた。ああウリくらい大きかったらなぁ。きっと素敵なオブジェになっただろうに。...

    ヤマトヒョウタンゴケ2

    観察4年目のヤマトヒョウタンゴケ。2年間は、幼いサクにしか出会えずだれだろうと思っていたのだが昨年、やっと熟した蒴に会う事ができ→★★★その名前がわかった。今年こそは、初々しく若ーいサクに出会いたいと出かけて見たのだがあともう少し!といったところだった。3月4月はコケ観察をする時間が少ない上に雨も多かったりするので見逃している胞子体祭りも多いことだろう。ううう。...

    黙祷

    今年も今日がやってきました。以下、昨年と同じ内容です。あの日から、コケを採集して作った標本の数だけ募金しようと「コケ募金」を続けています。(募金先は毎年同じではありません。)何もできないワタシの気休めのようで気が引ける部分もありここに書くのはどうかとも思ったのですがとある団体のことを知っていただきたくて。ねこさま王国 →★★★被災地のネコのシェルター運営基金の寄付などを募っています。ここの事は、友人か...

    オオミツヤゴケ

    標高800m付近のカナクギノキに。初めての場所で、ここぞという場所にこれ!というコケに出会えると嬉しい。初めて梁上登頂に成功したUさん。怖くてオロオロ・・やっと冷蔵庫に着地したものの自分で下りられないのだった((+_+))不思議なもので、3mほどの庭木に登ってもなんなく降りてこられるのに家の中ではからっきしである。...

    採集袋

    怒涛の年度末+年度はじめに向け、紙モノの整理。びっくりするほど出てきたので一気にお片付け。A4の用紙は半分にカーット。一生メモ帳には困らない量である!印字の少なそうなのを見つくろって採集袋に。これはいくらあっても困らないのである!::「採集」とはいっても、森や山のコケを、移植するためなどに持ち帰るものではありません。(森のコケを調べる際は、許可申請を行っています。)普段の行動においてもコケが目に入...

    Appendix

    プロフィール

    musimegane6

    Author:musimegane6
    アート目線なコケ観察。
    いきもののカタチは美しい。


    コケとコケのまわりのブログです。

    カレンダー

    02 | 2015/03 | 04
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。