Entries

    スポンサーサイト

    ヨコグラハネゴケ(続・オカモス関東観察会)

    石垣のあちこちに大群生。オカモス関東観察会地とその界隈で一番よく目にしたタイ類は、このヨコグラさんかもしれない。我が家の庭隅にもひょろひょろ生えているけれどここまでたーっぷり生えているのはあまり見かけないような・・グラさんお気に入りの環境のようであります。ところ変わればなんとやら。当たり前だけれども目にするクモの巣のカタチも違えばわらわら咲いている野草がセリバヒエンソウだったり教えてもらった魅力的...

    ヘチマゴケ属の無性芽拡散!

    オカモス関東観察会地の石垣に。もっふもふのヘチマゴケ属のかたまり。下見中にYさんとTさんが見つけて教えてくれました。拡大してみると、糸くずみたいなヘチマゴケたちの無性芽(むかごのようなもの)がたくさん。たくさん!指でなでて、無性芽が煙のようにまき散らされる様子を動画で撮ってみました★(指モデルはYさん)↓1/2倍速で。特に最初の数秒を目を凝らして見てみてください。抹茶のような無性芽が、指にも積もってい...

    オカモス関東観察会

    オカモス関東主催の観察会に参加させていただいた。豪華講師陣と全国津々浦々?から集結したコケ好きさんたちなんと総勢30名で青梅線は軍畑(いくさばた)周辺で朝から夕方までコケ観察を堪能。思い出になる1日となりました。ありがとうYさん!そしてコケな皆さま!!さて。当初は『途中で止まらず、先ず観察地まで行きましょう』というような案内だったと思うのだが・・1分も歩かないうちにI先生の熱いスペシャルトーク開催。ハイ...

    ここにも、ムシが・・・

    まったく。コケにしか見えない。たいしたもんだ。お?そこにいるね?動かなければわからなかった!ちなみにこの幼虫が身にまとうコケ(地衣類)は身を守るためでもあり、餌が無い場合の非常食も兼ねているらしい。知らなかったなぁ。ヒトから見ると へぇ~!と思うすごわざもむしたちからすると、あたりまえのことなんだろうけれどへぇぇぇええ!!!と思わずにいられない。Iさんからいただいた『うんちみたいなむしがいた/伊藤...

    ヒメジャゴケ 雌器托柄の色

    ヒメジャゴケの雌器托柄は「はじかみ」のようなほんのりピンク色。伸びるにつれ、色が薄くなることが多い中時折色のあまりない柄もいる。「自然」のなせるワザ というかみんな違ってみんないい というか色のバリエーションの美しさも見どころのひとつだったのでその違いについてあまり深く考えたこともなかったのだが・・室内育ちの柄を見ているとほとんどと言っていいほど色がなくてあっさりしている。たまに、若干色が付いてる...

    Appendix

    プロフィール

    musimegane6

    Author:musimegane6
    アート目線なコケ観察。
    いきもののカタチは美しい。


    コケとコケのまわりのブログです。

    カレンダー

    04 | 2016/05 | 06
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。