Entries

    スポンサーサイト

    枝好きたち

    森の倒れた木や折れた枝を少しばかりいただきに行ってきた。台風や豪雨で流されてしまう前に。落ちている枝を物色しているとん??あら。 2組のカップルが(*ノ▽ノ)まったく気にしないカップルさんと・・一方はさっと離れてしまった。。おじゃましてごめんよー...

    キランソウの苔玉

    糸で巻かずに丸めただけの苔玉。ちょうど2ヶ月前、道路脇でハイゴケとキランソウが仲良く生えているのを見つけ↓そのまま丸めて持ち帰りました。2ヶ月もの間、ほとんど形成もせず、たまに水をやる程度で庭の片隅で元気に生きています(o^^o)こんなコケ遊びが私のコケの入り口でした。...

    イチョウウキゴケの消滅

    2011年に確認してから毎年安定してイチョウウキゴケが見られた田んぼ。今年は遠目に見てもなんだか様子が違う。違う。どうしたものか。大群生だったイチョウウキゴケが驚くほど潔く消滅し何事もなかったかのように浮草がとってかわっている。実はこの浮草大群生に気が付いたのは1ヶ月ほど前のこと。すでに大群生になっていると思い様子を見に寄ってみるとなぜだか浮草しか目に入らなかった。いくらなんでも、少しくらい残っている...

    こなら亭暮らし

    「こなら亭暮らし」木佐貫ひとみ著 ヴィッセン出版オカモス会員の方にはオカモス九州宮崎コケの会世話人としてお馴染みの木佐貫ひとみさんの著書。▽先日木城えほんの郷で開催されたコケイベントで「ほら、ここにもコケが・・」を読み聞かせ中の著者★とはいえ、彼女の射程範囲はコケのみならず宮崎の自然や文化について広範な知識をお持ちのフリーアナウンサー&県内を駆け巡るラジオのパーソナリティー。(MRT放送が聴けない地域の...

    テガタゴケ

    かれこれ一年近く前にいただいたテガタゴケ(Ptilidium pulcherrimum)みどりいろが失われるのがもったなくて、冷蔵庫に保管し時折覗いてみてはむふふとなっていたのだがええ加減標本にせねばと決意。そこで、テガタゴケひとり撮影会開催するも・・実体顕微鏡下で見る美しさの半分も表現できない。しかと目に焼き付けておこう。...

    Appendix

    プロフィール

    musimegane6

    Author:musimegane6
    アート目線なコケ観察。
    いきもののカタチは美しい。


    コケとコケのまわりのブログです。

    カレンダー

    05 | 2016/06 | 07
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。