Entries

    スポンサーサイト

    日照りの中の葉状体

    乾燥した石垣の上で耐えている葉状体たち。ジンガサゴケは縁がくるっと巻き上がって、触覚みたいだ。こちらはヒトデゼニゴケ。しなしなと儚くなってゆきます・・夕方少し雨が降りました。...

    普通日本蘚類図説

    「普通日本蘚類図説」飯柴永吉・植松栄次郎・加藤銀治郎 著明治45年 東京成美堂発行http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/832624::お金があっても時間がなければどうしようもないというような(ちょっとうらやましい)話を耳にするけれどもお金もなくて時間もなくてさらには体力がなくてもコケはどこにいても大概見ることができるのでいつでもどこでも幸せな気分になれます。おまけに近頃は明治時代の古書がWEBで読めるなんて...

    シダの前葉体

    岩のくぼみに。コケのタイ類にそっくりだけれどもこれはシダの「前葉体(ぜんようたい)」デス。ざっくりと前葉体をシダの赤ちゃんとすれば葉っぱや茎があって普段目にしているのはシダのお母さん(胞子体)。上部のコケシノブがそうでしょうかどうでしょうか。::逆にこのシダの前葉体だと思われていたものが実はコケだった!というシダの前葉体にそっくりなコケがあります。その和名がなんと「鵺苔(ヌエゴケ)」。鵺です。鵺。...

    ミヤべツノゴケ

    石垣の隙間に。ピロピロぶら下がっている髭のようなものはミヤべツノゴケのツノ(蒴)。見事な縦ロールさん♡ちなみに、普通はツノは上を向いて伸びます→★★★頭上でジジジジーっと音がするので見上げてみるとハラビロカマキリがアブラゼミを捕まえたところでした。コンデジでズームしてこれが限界(._.) どこにいるかわかったあなたはスゴイ。...

    ヒトデゼニゴケ

    台風の酷い映像がニュースで流れています。大変な思いをされている地域の方々には心よりお見舞い申し上げます。上手くいかないもので、日照りが続いてこちらはしなしな状態のヒトデゼニゴケ。彼らの成長はとてもゆっくりだけど古い部分を枯らしながらも新しい部分が成長してゆく様子を見るとたくましさに元気をもらえるような気がします。といいつつ・・(ΦωΦ)の選んだ心地よい場所その横に寝転んだら板の間だというのに朝まで熟...

    Appendix

    プロフィール

    musimegane6

    Author:musimegane6
    アート目線なコケ観察。
    いきもののカタチは美しい。


    コケとコケのまわりのブログです。

    カレンダー

    07 | 2016/08 | 09
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。