• どうやってみつけたんですかこんな道・・どこまで続くんですかこの道・・・・ てくてくと着いた場所はなんて広いため池なんてきれいな。そこには端っこに流れ着いたゴミ・・ではなく!ぎっしりとぎっしりとぎっしりとイチョウウキゴケ大群生!田んぼでは今の時期水が抜かれていて湿った泥土の上や隙間で冬を越すイチョウウキゴケが見られますが冬でも浮いているこんな大群生を見るのは初めてでした。大興奮。教えてくださった山伏... 続きを読む
  • 林の木の幹に。地衣類同志が陣取り合戦を繰り広げるまわりにハイゴケが忍び込むすきを狙っている。(ようにみえる)彼らの陣地争いは延々と続きお互いあきらめることを知らない(ようにみえる)。地衣類同志の境界線争いを見ていると戦国時代のようで大河ドラマのオープニングテーマが流れて来そうでならない。(真田丸好きやったなぁ・・)せめぎあい。せめぎ合い。せめぎ愛?... 続きを読む
  • 門柱の上に。「古鋸」ってこういう状態を見てつけられたんだろうかなぁ。と、あらためて庭のフルノゴケを横から覗いてみました。寒かったデス。::こたつで寝てしまったり色々していて気が付いたら夜が明けていたり不規則不摂生が続いていたので寝ぼけた体を起こそうと朝から庭に出てちょっと掃除などしてみたのだがコケに気をとられてまんまと中断してしまった。規則正しくこつこつと丁寧なくらしに憧れます。... 続きを読む
  • 寒い中、庭のあちこちにみっちりとミヤケツノゴケの男子たちそりゃもうぎっしりみっちりミヤケツノゴケは多年草らしいのだけど夏場は日照りと乾燥のせいか、我庭ではひっそりとなりをひそめている。春に女子のツノに出会うのが楽しみだ。こちらは年末からモンステラの葉で越冬しているムラサキの方たち。おしくらまんじゅうでこれまたみっちり。葉っぱは大きいしたくさんあるのに毎日同じ場所に戻ってくるのはいつ見ても不思議。み... 続きを読む
  • 鳥(酉)にちなんだ和名のコケ王道はホウゴウゴケ(鳳凰苔)でしょうか(*´ω`*)鳳凰の羽とか尻尾の様子に似ていることから付けられた和名と聞きます。鳳凰のモチーフは賞状の枠飾りやラーメンの器にあしらわれているので有名な大変おめでたい伝説の生き物のようです。さらに、(最近まで気が付かなかったのですが)1万円札の裏側にも凛として立っていらっしゃいます。余談ですが近頃はお年玉に1万円札をもらう、うらやましい子供た... 続きを読む
  • 鳥(酉)にちなんだ和名のコケ今日はコキジノオゴケ(小雉ノ尾苔)この画像の子たちは、生えていた木が倒れたようで丸太状に積み上げられた中で生きていました。2年後には他の蘚類に覆われてほとんど姿が見えなくなり4年経った頃にはさらに丸太も積み上げられてついに消息不明に・・普段は(といっても森や渓谷でしか見たことがないのですが)比較的湿度が高く案外明るい場所の木の幹や倒木に生えているのを見かけます。もう少し... 続きを読む
  • 鳥(酉)にちなんだ和名のコケ続いてはクジャクゴケ(孔雀苔)葉の部分が羽、胞子体が首優雅な様子は孔雀そっくりで素敵な和名だなぁと思います(↑画像は11月のもの。胞子体が熟して一段と孔雀度がアップするのは秋です。)森や林木漏れ日の当たる湿度の高い倒木の上やシダなどが邪魔しない土手や小さな斜面で見かけることが多いですが近所では車道沿いの側溝がクジャクゴケ群生地になっていて大雨が降った後など結構流されたりし... 続きを読む
  • (↑Gパパさま、早速使わせていただきました!)明けましておめでとうございます。旧年中はたくさんのコケと出会うことができました。それもこれもたくさんの方々とお会いできたお陰とご縁だとありがたく嬉しく思っております。今年もどうぞよろしくお願いいたしMOSS!鳥に由来する和名のコケは思いの他色々あるようですがヒメトサカゴケ(姫鶏冠苔)。かわいいトサカです(*´ω`*)... 続きを読む

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -