イヌケゴケ

沢山のコケ写真をもって女の子がコケの名前をたずねに来ました。
大きさがわかるように指といっしょに撮った写真
一枚一枚に
自分で付けた名前を付箋に書いて貼ってありました。

うう。泣かせる。

写真だけではちゃんとした種名はわからないけれど
なんとかかんとか7割くらい名前をつけてみました。

界隈には細くて長い「毛」のようなコケがたくさん生えています。
女の子のコケ写真にも石壁にへばり付いた緑色の毛が写っていましたが
ミドリのカーペットにしか見えない写真では
どうしても名前がわかりませんでした。


界隈には何種類くらいの「緑の毛」が生えているのかちょっと気になって
女の子が写真を撮ったという辺りのコケを集めてみました。


界隈の緑の毛その1.イヌケゴケ


特徴が無いのが特徴のようなコケ。だと思います。石壁上。



界隈の緑の毛その2.ホソムジナゴケ

Trachypus humillis
顕微鏡で見ればとても特徴的なんですけど・・ 石壁上。



界隈の緑の毛その3.ヒメカガミゴケ

Brotherella henonii
樹幹のツヤツヤカーペット。


界隈の緑の毛その4.コバノイトゴケ

Haplohymenium pseudo-triste
石壁にも樹幹にも・・


その他、エダウロコゴケモドキやコモチイトゴケなんかもいます。



彼女の写真に写っていた緑の毛、このうちのどれかなんでしょうね。

















スポンサーサイト

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30