コケに潜む。

コケを実体顕微鏡で覗くと
色んなものに出会います。

クマムシよりも
ダニやセンチュウ、よくわからない何かの幼虫などなど。


↓まるでコケの一部のように良い具合にくっついている白っぽい繭のようなもの。(真ん中あたりに2つ)
まゆ?
中身は残念ながらからっぽでした。
なんだろうなんだろうなんだったんだろう?

何せミクロの世界なので
観察するとなれば実体顕微鏡下にずっと置いて管理しなければ見失いそうです。

クマムシの飼育・研究をされた方のご苦労は
半端なものじゃなかったことでしょう。


杉の木の幹に群生していたヒメイサワゴケ。

himeisawa.jpg

先日のイサワゴケは絶滅危惧種ですが、このヒメイサワゴケはよく見かけます。
葉のカタチにかなり特徴があるのでぜひ顕微鏡下の写真UPしたいところですが
なかなか上手く撮れません。



顕微鏡写真用の良い道具・・

サンタクロース かもん。










スポンサーサイト

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -