トサカホウオウゴケ


ホウオウゴケの仲間は多くて採集をためらいます。

いつかじっくり勉強してみたい属ではあるのですが・・



これはわかりやすいホウオウゴケの一種。

F dubius


葉の上部にトサカ状の鋸歯があるのと
葉縁に明るい帯のような厚壁細胞。

Fissidens dubius

トサカのアップ。

Fissidens dubius2




夜に長めの待機時間があったので読書が楽しめました。
読んだのはBossが読み終って貸してくれた「本日は、お日柄もよく」原田ハマ著。

それから

久しぶりにちょこっと友人の声が聞けて嬉しかったシゴトの電話。


ちょこっとちょこっとのラッキーが
毎日あると嬉しいね。










スポンサーサイト

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -