シンモエスギゴケ




和名の「シンモエ」は
1月に噴火した新燃岳に由来。

あまりの地味画像のため種名を入れて見る。
シンモエ


新燃岳界隈では
背の低いコケたちはみんな灰に埋まってしまったんだろうなぁ。



小雨の中、コケ目当てドライブに付きあってくれた友人のお陰で
コケ銀座に出会うことができました。
タマゴケの大群生があり、ミズスギモドキがわっさわっさ垂れ下っていて
しかも車から眺めながら観察できる(←ここ重要)道路沿い。

秋が深まった頃

訪れてみたいと思います。






スポンサーサイト

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30