ミドリゼニゴケ




森の倒木上にひときわ目立っていたマットな黄緑色。

Aneura pinguis


「ゼニゴケ」という和名がつきますが、ゼニゴケの仲間ではなく
テングサゴケなどと同じスジゴケ科です。

なので傘はではなく
マッチ棒系の胞子体が出てくる・・はずですが
よいタイミングで出会ったことがありません。

春の暖かい雨のあと
森に行かれることがあったら

探してみて下さいね、マッチ棒たち。










スポンサーサイト

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -