ナガシタバヨウジョウゴケ



スギの小枝に。


ナガシタバヨウジョウゴケ 

ここの林道脇はそこそこ日当たりが良いのに湿度も高く
居心地悪そうに見える針葉にコケがまとわりついていました。


これがですね
ものすごいクシュクシュク状態。
水に漬けても裏を向けてもどこが茎でどんな造りになっているのか
わからないくらい茎と短い枝が密集していたのです。

ナガシタバヨウジョウゴケ1


実体鏡下でいじくりまわしたあげく
ようやく腹片がはっきりわかる場所をプレパラートにセットすることができました。
ナガシタバヨウジョウゴケ-1

ちょっとPhotoshopで遊んでみました。
腹片のカタチがわかりやすくなったような余計ややこしくなったような・・

ナガシタバヨウジョウゴケ2


小さなタイ類を解体するために使っている待針を
鍛えなおさねばと思った次第でございます。





※追記


ブログタイトルが「ナガシタバショウジョウゴケ」になっているのに気付いておりませんでした!
もちろん正確には「ナガシタバヨウジョウゴケ」でございます。
ご指摘頂いた岡山のコケ好きさま、ありがとうございました。
また教えて下さいね☆










スポンサーサイト

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -