オオシタバケビラゴケ+ヒメサンカクゴケ



半日陰の樹幹に。


Radula cavifolia

褐色の花はが割れて胞子を放出した後。
これが見られるのは限られた季節なので見つけるとつい採集してしまいます。


このオオシタバケビラゴケに混生していたタイ類
ヒメサンカクゴケ。
ルーペで見なければ存在すら気付かないような小さな小さな苔が
実はこんなにアーティスティック。

D angustiforia

アーティスティックと見るかどうかは
まあ 人それぞれといいますかなんといいますか・・

けれどこれにハマってしまってしまいましたらアナタ
やめられへんのですわ、顕微鏡ノゾキ。








スポンサーサイト

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -