ケゼニゴケ



半日陰の土手に。


Dumortiera hirsuta

学名 DumortieraはDumortierさんという名前に由来しているそうです。
それを知らないと、どぅもるてぃえらって最後の「ら」を「lla」にしてしまいそうです。
って私だけでしょうかどうでしょうか。

庭でキラワレモノらしいケゼニゴケ。
傘を見ると結構かわいらしいんだけどなぁ。
ちょうど胞子を飛ばし弾糸がもりっとから出ている状態・・なんですけれど
上手く撮れていなくて良く分かりませんね^^;




先日初めてこの木の花を見ました。
(上手く撮れなかったので山伏先生の画像をお借りしております。)

ショウベンノキ

この優美な花を咲かせる木の和名が
ショウベンノキ
ですよ?
小便ですよ?

枝を折ると水が流れ出ることから付けられたらしいのですが・・
維管束植物の和名はコケより容赦ない模様。

オオイヌノフグリのようにクスッと笑えるものは良いとして

ママコノシリヌグイ(イガイガの茎を持つ野草。これで幼子のお尻を拭くという・・継子ノ尻拭・・)とか



えげつない(+_+)


私の知る限り
コケにはこういう和名が無いのでほっとします。
















スポンサーサイト

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -