イトコミミゴケ 





林道脇のマメヅタの上に


Lejeunea parva


採集した標本、おみやげに頂いた標本
新鮮なうちに見たいタイ類から見始めます。

どの属のタイ類の油体が消えてしまいやすいのか
わからないのですが・・。



湿るとほら。

Lejeunea parva2

立体的だ。




図鑑的に言うと「背方に偏向する。」

ということでございますわね。















スポンサーサイト

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -