モミジスジゴケ


渓谷の倒木に。


R palmata


タイ類に詳しいTさまに
Riccardiaの名前調べがとても難しいということを教えて頂き
深く頷いたところでありました。

油体が壊れやすいこともその理由のひとつかもしれません。



採ってできるだけすぐに顕微鏡を覗く。

採集者でなければ味わえない醍醐味でもありますね♪







ここではよく「採集」というコトバを使いますが
森のコケをやたらめったら採っているわけではありません。

 近所のアーバンなコケや苔玉に使われているような里山の繁殖力旺盛なコケは
 気使い無しにもっそり採ってしまうことはよくありますが・・

調べたいコケを必要なだけ持ち帰っています。
採集が禁止されている国有林などでは許可証なるものも持参します。



小さなコケたちとはいえ、森の一部。



大切にしたいものです。








スポンサーサイト

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -