オオスミヤスデゴケ




河原に倒れたクマミズキの枝に。


Frullania osmiensis


10日以上前に採集して
冷蔵庫に保管していたのを思い出しました。

顕微鏡見ている時間は無いはずなのに
思い出してしまうとどうしても気になって

ついつい。

半分に切った大きなスイカの後ろに追いやられていましたが(゜-゜)
油体は無事でした!
osmiensis2.jpg

ふと、ヤスデゴケ(Frullania)の仲間は
鹿児島に由来する名前が付いているのが3種もあるんだなぁと。
Frullania osumiensis (大隅)
Frullania kagosimensis (鹿児島)
Frullania amamiensis (奄美)

他の地域でヤスデゴケの種名になっているのは・・
Frullania sikokiana(四国)
Frullania aoshimensis(青島)
Frullania okinawensis(沖縄)

他になにかあったかな。
というか。
日本にはヤスデゴケ属って48種もあるんですね。(参:平凡社図鑑)




因みにこのオオスミヤスデゴケを見つけたのはこんなところ。

倒木

がしっと倒れていて良いベンチ代りになっていました。











長い夏休みが終わります。









スポンサーサイト

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -