どうぶつ社



コケ展ではたくさんのコケに関する書籍を閲覧できるコーナーがあり
うひょうひょしながら眺めさせて頂いていたところ目にとまったこれ。

コケの謎

コケ好きならばもちろん
ゲッチョ先生ファンならもれなく御存じであろう
どうぶつ社の「コケの謎」。
ええ。ワタシの本棚にも並んでいますとも。コケ食べましたとも。


この書籍を生みだした「どうぶつ社」が12月で出版活動を休止されることになったらしい。


旧友がジュンク堂で、今まさに「どうぶつ社フェアー」が開催されていることを教えてくれたので
池袋に直行。(そしてちょっと散財。)

「どうぶつ社の36年フェア」についての記事はこちらを→★★★

「寂しい」と言うほど出版社のことを熟知しているわけではないけれど
「どうぶつ社の36年の歴史」を見せて頂いた後は

やっぱり「寂しい」と感じたのでした。





・・・・・・・・


コケ展でお世話になりました
Y監督のブログ「ムクムクゴケ日記」にリンクさせていただきました。
驚くような繊細なコケアートを手掛けられた「コケ手芸家」のY監督。
外国までコケを見に行かれるほどの逞しきオトコマエであるのに
たいそうかわいらしくキラキラした方でありました。
ブログもキラキラです。


・・・・・・・・

少し前からリンクを貼らせてもらっている「margicalture 」。
その生活振りを見習いたいと常々思っている
自称梅婆?ことmusiの土と光と文化・・地球のテキストブログ。  

"margicalture   マージカルチャーは
magical,marginal,culture などが、あわさった言葉です"

彼女の紡ぐことばを読んでいると農業がしたくなるのは私だけではないはず!

・・・・・・・・・・





このような小さき地味な場所から
少しずつ繋がる場所ができてうれしい限り。








スポンサーサイト

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -