ツノゴケ♂




庭にメリケントキンソウがはびこってしまってやっかいだわ
と覗きこんでいると

黄色いプツプツしたものをつけた葉状体が目にとまった。


hornwort♂1

プツプツはツノゴケの♂ 造精器。
成熟するまで葉状体の内側に潜ってるんだって。
表皮が破れて生殖器が見えている部分もあるけど・・見えるかな。
hornwort♂



早々に本日出してしまった「こたつ」。
私とBOYS2名と猫1匹でぬくぬくとのんべんだらり~んな至福な時間を過ごしていたら
いきなり2号が

「イヌカイツヨシのツヨシって漢字で書ける?」

くっ。せっかくの至福な時間をいとも簡単にぶち壊してくれるわ。(←社会苦手)
「えええっとぉ ○○さんと同じ漢字やったけどなー ええっとなぁ・・」
「イヌカイツヨシって誰か知ってんの?」(←完全に上から目線の2号)
「し・・知ってるに決まってるやんかー 暗殺されても「話せばわかる」言うた人やん。」
(↑あんまり知らないけど親のプライドにかけて知ったかぶり。)

「ふううううん。で?漢字わかんの?」

「・・・・左の上、なんやったけ??」

「立つ!」(←勝ち誇った2号)


うう。漢字が出て来ない・・(T_T)


そのあとも何故か満州事変から第二次世界大戦、その後の日本の経済発展についてやらやら
ワタシ的には非常にこたつにそぐわない談義が続いてしまったのであった。
ふえーん。
こういう時に嬉々として歴史や政治を語れる熱い親だと子どもの勉強に対する興味も
違ってくるんだろうなぁ・・
そもそもこんな親であるのに2号が嬉しそうに歴史を語るのは
今の先生の授業がとても面白いらしく物語のように歴史が頭に入って来るそうなのだ。
成績は以前とまったく変わらないのだけれど
「面白い」と思える授業にどれだけ出会えるかで進路も随分違ってくるのだろうと思う。
先生との出会いに感謝。







こんな私でも
やっぱり読んだ貝先生の書籍。

Y Kikuchi

大人になったら「先生」からではなく
自分で情報を探して自分でそれを見極めなきゃならないんだ。

それは大人にとっても実は難しいことなんだよね。















スポンサーサイト

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -