アナナシツノゴケ




渓谷の小石の上に。

Megaceros flagellaris
小石からつんつんツノがたくさんでイガグリ状態。
「穴無角苔」の和名の由来は胞子体に気孔(穴)が無いからなんだって。




目的のコケを採集し
行ってみたかった滝まで少しだけ足を伸ばしました。

taki_20130112003305.jpg

「滝まで30分」と書いてあったけれど
コケの歩みですので・・

そ・・それでも頑張って2時間で往復してきました。
エライなーワタシ。

帰り道に出会ったジャゴケ。
樹幹に這っているのをはじめて見たような気がします。
conocephalum.jpg


午前中は霜の付いたコケたちにみとれないよう
エリザベスカラーを付けているつもりになって前を向いて歩いたのですが
帰り道は気持ちが解放されてしまって気が付けばよそ見脇見放題。



今日は寒かったので帰りの午後もこんな様子。

simo.jpg

蒴が誰かにかじられてました。

現行犯を見たかったなぁ。







スポンサーサイト

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -