雛山

綾町の伝統「雛山まつり」。


雛山の由来は色んな説があるようですが
裕福ではなかったずっと昔
畑や山からコケや植物を採って来て山に盛り
雛のかわりに石を置いたりしていたのがはじまりだとも言われています。



伝統と歴史にはとても興味深いものがあるのですが
やはりこの圧倒的な量のコケに目が釘付けです。

hinayama1.jpg

hinayama.jpg

逆さ(普段は下向きに生えているのに上向き)に置かれちゃってるヒノキゴケ^_^;
hinoki.jpg

使われているほとんどがハイゴケやシノブゴケでしたが
製作者のこだわりも色々あって
タマゴケをあしらってみたり
タチゴケやジャゴケなどを組み入れてみたり
アレンジの仕方もなかなか見ごたえがありました。

hinayama3.jpg

一か所の山に畳何畳分ものコケが毎年使われる雛山。
観光の目玉にもなるので年々ゴージャスになっているようです。

雛山を作り続けて10年以上のベテランさんが
自分の山のコケは半分以上無くなった!
とおっしゃっていました。
採り方によっては10年経ってもコケが戻って来ないんですね。

伝統を絶やさないように
コケも絶えることのないように

どうしたら両立できるのでしょう。





どちらも長く長く続いてほしいなぁ。












スポンサーサイト

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -