コケのふしぎ



「コケのふしぎ」
樋口正信著
サイエンス・アイ(2013年6月刊行)




コケ読み物+コケの教科書+コケ図鑑が、ぎゅっと詰まった一冊。
コケに興味のある方にはぜひお薦めの一冊です。
コケ展に行けなかった方にもお薦めです。
夏休みの自由研究にコケに取り組みたい小中学生さんは
この一冊だけで充分なので
あるいは調べ学習に熱心な先生から
「一冊しか読んでないのかっ」と突っ込まれるかもしれません。


■追記:概要はこちらで→ ★★★(サイエンスアイHP)



内容もさることながら
私の目を釘付けにした裏表紙。



kokenofushigi ura



kokenofushigi ura2



kokenofushigi ura3









ギンゴケを 
きっと見ている踏んでいる


・・・





はっΣ(゚∀゚*)






ギンゴケ

ふ・・踏んだかしらσ( ̄∇ ̄;)





あなたのそばにも。きっと。














・・・


2号が貸してくれた推理小説
学校に返却せねばならんと言われていたような気がするが・・

この「コケのふしぎ」が届いたので、一気にこちらを読んでしまった。
この本が出るよ!と情報通のコケ友さんから教えてもらってから
楽しみで楽しみで、Amazonで予約し心待ちにしていたのである。


2号からの借り物(東野圭吾著:放課後)は
夕ご飯を煮物系にして読破しよう。そうしよう。
高校生が薦めてくれる推理小説というのも、これはこれで
たいそう楽しみなのである。









スポンサーサイト

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -