Entries

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    MOSS キャニオン

    豪雨のあと。


    コケのまわりの砂が流されて
    キャニオンになっております。

    Moss canyon1


    大きさ以外だったらグランドキャニオンにも負けないくらいの?
    キャニオンっぷり。

    もしかしたらこんなことになってたり。
    Moss canyon2
    アイベックだー(って妄想中ー)

    ふふふ。





    アスファルトやコンクリート面まで運ばれてしまったコケ群。(ケヘチマゴケ)

    kehechima1.jpg

    ラッキーなら土とともにまたこんもり群生を作って
    生きて行けるかな・・。


    コケにすればかなりの距離を流されたと思うけれど
    まだちゃんと無性芽も残っていました。

    kehechima.jpg



    そんなコケ生き残り模様が展開されていたのは
    こんな駐車場の片隅でした。

    parking.jpg






    Paul Winter のアルバム「Canyon」より
    River run 
    **

    アルバムには実際にグランドキャニオンで筏を流し、演奏をしたという即興曲も。
    1985年に発売されていますが最近教えて頂いて知りました。
    ミクロなコケキャニオンに出会うたびサックスの音が頭の中から流れて来ますw

    Winterもびっくりだね。



    *****






    昨日から自宅のネット接続と、特にメール送受信に不具合があって困ってます。
    (サーバエラーが何度も・・)

    もしお急ぎの御用などありましたら
    Pinehouse5(アットマーク)yahoo.co.jp
    もしくは携帯までご連絡下さい<(_ _)>







    スポンサーサイト

    Appendix

    プロフィール

    musimegane6

    Author:musimegane6
    アート目線なコケ観察。
    いきもののカタチは美しい。


    コケとコケのまわりのブログです。

    カレンダー

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。