コマチゴケ



森の土手に。


小町苔


土手に近づくとたくさんのコケが見えてきます。
どのコケも各々個性をもっていて
どのコケも魅力的だけれど

このつるんとしたお花のようなカップは
ひときわ目立って

その存在を自らアピールしているように思えてならないのです。





「こまちごけ属は葉と茎との区別が明瞭で、
其の枝は直立し、苔類中の逸品である。
マルバこまちごけ(←現在のコマチゴケ)は
恰も蘚類の[ちゃうちんごけ]のような形である。

(岡村周諦著 苔蘚類 より)


ほんとうに。チョウチンゴケの仲間に似ているよね。
ツルチョウチンゴケ→★★★

チョウチンゴケモドキとも言われていたことがあるらしいのですが
やっぱり「小町」がお似合いです。


苔の小町に出会えた日は
なんだかいいことありそうな。










スポンサーサイト

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -