歯


蘚類のサク(胞子が入っているところ)には蓋があり、
その蓋がとれると口の周りに
蒴歯と呼ばれる歯状の構造を持つモノが多く

そのカタチが種の名前を調べる鍵になったりするそうです。
なのでが熟したコケを採集するのが
名前調べにはベストなんだそうです。


このサクシ

湿度によって開閉し、中にある胞子を放出していると言われています。
小さな体にびっくりするような機能をそなえているものだと
初めて知った時には仰天しました。




乾湿運動をただただ観察してしまうことしばし。






シノブゴケの仲間の乾燥状態。





少し濡らすと きゅうっ と縮こまります。
peristome2.jpg
きゅうっ。 です。




久々のしとしと雨になりました。


大雪の地方の方、ご不便ありませんか??

どうかお気を付け下さい。













スポンサーサイト

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -