畑苔




霧の濃かった早朝


霧

BOYSの送迎やらなんやらで3時半起床。

近頃の学生は忙しい。
昔はもうちょっと遊び呆けていたような気がする。





霧の中、畑を覗きこむとハタケゴケの仲間が

ぽつぽつ・・


Riccia_20140104142920d44.jpg




ずっと思っていたのですがね、


このハタケゴケ、近くで見ると・・

Riccia2_20140104142921679.jpg




似てるんです。



ヘラを使って付けたようなはっきりしたくぼみや
マットな質感が









nerikiri.jpg


主菓子の「ねりきり」に。
胞子は粒あんといったところでしょうか。

(画像は菓心まるいちさんのHPからお借りしました→★★★ いやぁ 美しい和菓子だぁ。)




このハタさんは
まだ半袖でうろついていた10月初旬に熟していた
ハタさんとは違う方なのかな。



葉状体に胞子がみっちり詰まっている状態で切片を作ろうとすると

切れ味の悪い剃刀を使った日には
葉状体はスパッと切れずに胞子だけむにーっと押しだされるので
(見た目は和菓子に似ているけれど)

「イカ飯」切ってるみたい(-"-)

と愚痴ってしまうことも多々あり。




年も明けたことだし。

新しい剃刀を使ってスパッと!



できるかなぁ^^;








スポンサーサイト

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -