蕾苔



車道脇の畦道に足を踏み入れてまもなく
一か所だけ褐色の場所が見えて
踏みとどまった。

tubomi1.jpg

地面が赤い?

その色の正体を突き止めるべく
しゃがみ込んで目いっぱいコンデジを近付けて撮影。
(▼画像はトリミングしています)
tubomi2.jpg

う・・うつくしい。

緑から赤のグラデーションの蕾がぎっしりつまった
まるで花束のようだ。


右上に写り込んだハイゴケの先っぽと比較すると
いかにちいさな蕾軍団かということがおわかりいただけると思う。▼
tubomi3.jpg







あつまっているところ申し訳ないのだが
少しはぎ取って観察させてもらった。

tubomi4.jpg

上から眺めると絨毯のようだが
実はこんな風に茎を伸ばしていたのだ。

一本だけではこうはいかない。



頻繁ではないにせよ
人が往来する畦道の真ん中に
こんなツボミゴケの仲間がつまっていたとは。
tubomi5.jpg


いやいや、日当たりがよく、雑草も生えておらず
適度な湿度があるからこそここに群生しているのだろう。

いったいこの赤い絨毯のはじまりはいどんな風だったのか・・


などと妄想しつつ帰路につき
本来の目的だったゼニゴケ男子の様子伺いを
すっかり失念していたのだった。








スポンサーサイト

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -