長くて立派なラセンゴケ





渓流沿いの岩にしなやかな
みどり色のうねり。

ラセン
立派なラセンゴケだった。


以前、川沿いで大き目のラセンゴケを見た際も
一瞬なにものかわからずだまされた記憶が・・ (以前の記事)→ ★★★



和名の「螺旋」の由来は、葉の中助の先端のうねうね。

ラセン2

コケ好きさんには有名だけれど
初めて顕微鏡でこの螺旋を見た時は美しくて感動しました。
全部の葉がこうなっているというのが不思議で
かなりの数の葉を顕微鏡で見ては喜んでいたような。



前回の立派なラセンゴケは3㎝ほどだったが
今回は5㎝近くもある大物。

岩の渓流側の壁面に群生していて
岩の上部に行くほど短くなる傾向があるように思えた。





スポンサーサイト

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -