フルノコゴケ



ご近所でもお馴染み。
石垣や木の幹、界隈ではいたるところで見られるコケです。

我が家にも。

furunoko.jpg

乾燥していると、黒っぽくて、ごわごわしていて
できれば取っ払ってしまいたい
と思われる方も多いのではないでしょうか。

furunoko4.jpg


庭石などに付いていたら
もしかしたら
「取っ払ってしまいたい何か。」
と意識するまでもなく
竹ぼうきなどで、ざざざっと剥がしてしまいたくなるような
「石についた何かゴミの様なもの」

furunoko3.jpg

だったりするかもしれません。


でも奥さん。

ちょっと近寄って見て下さいよ。


furunoko2.jpg

黒く光る丸いものはサクといって
中にたっぷり胞子が入っているのです。

そのサクが割れて
胞子を出してしまったら

ちいさな黄色い花のようなもの

になるのです。


まるで黄色い小さなお花畑のようではありませんか。




雨上がりに
むくむくっと緑色に盛り上がったかたまりを見付けたら
ぜひ近付いて覗いて見て下さいね。



珍しくもなんともないコケだけれど
その魅力はぴかいちです☆








スポンサーサイト

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30