アリノオヤリ


もうそろそろ日々のコケ記録にもどりたいところだが
北八ヶ岳についてもう少し記録しておきたい。


▼初めて出会った「アリノオヤリ」
アリノオヤリ2

○○ゴケというふうに、名前の最後に「コケ」と付かないのも珍しいし
蟻のお槍なんて聞くだけで興味をそそられるではないか。
しかも蒴柄が「く」の字に曲がることが有名で、ぜひ見てみたいと思っていたのである。

ところが、一度も見た事がないコケについて
どうやってどこを探して良いのかさっぱりわからない。
それどころか、自分たちが参加しているツアールートに
いるようなコケかどうかもわからないのだ。

そこで、近くにいらしたS先生にうかがってみるとなんと
「あ。たくさんいますよ。きっとその辺にも。」
というあっさりとしたお返事が。

▼「こういう場所にいるんですよ。」と探すべき環境を教えてくださった。
アリノオヤリ

アリノオヤリのサーチポイントは
あまり太くない切り株または倒れた木の幹(の根っこ側)。
そして、その切り株はすっかり朽ちていない方がよいらしい。
ちょっと崩れかけの切り株。そんなイメージ。

とはいっても対象物が小さいので
ぴったりな環境を見つけても、近くに寄ってよく観察しないと見つけられない。
立ち止まっては先頭集団に追い付いて・・
を繰り返すのは結構しんどかったりして、「見たい!」と思っているわりには
私なんぞは他のコケに心を奪われつつあった浮気者なのだが

ハイスペックなコケアンテナを生やしている(と私は思っている)Yさんが
▼「あったー!」と見つけてくれたのだ。わーい。
アリノオヤリ3

なるほど、蒴柄が「く」の字に曲がっている。
なんて特徴的でかわいらしいんだろう。
その生理的なことは全く知らないのだが
アリノオヤリの曲がった蒴柄がたくさん飛び出している様子は
ザトウムシの脚を思い浮かべて仕方が無かった。
(というのはさすがに口には出さなかったが。)


▼生育環境をもう一度「引き」で。
アリノオヤリ4
人気者であります☆



普段から、先輩や識者とコケ歩きをする機会がほとんど無い私は
自分で見つけてやっとそのコケが好きな場所を知ることができる。
図鑑や文献に書かれている環境をインプットしても
すぐ近くにいるのに何年も「出会わなかった」コケもたくさんいるわけで。
とほほ。。

そんな中、生育場所とコケの名前、そして環境を教えてくださる方々や
ハイスペックなコケアンテナをお持ちの方々と一緒に
森歩きができる機会に恵まれたことは宝物なのであります。


スポンサーサイト

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -