ハタケゴケたち



プランターの中に。

ハタケゴケたち

コケを見るひとは、蘚類の人とタイ類の人にはっきり分かれているらしい。
しかも、それは生まれつきらしい。と、「ときめくコケ図鑑・田中美穂著」にも記されていた。

そうかぁ。そうなんだろうなぁ。
ナンジャモンジャゴケは当初「タイ類」とされていたが、後に胞子体が発見されて
蘚類であるということがわかったらしいのだが、ナンジャモンジャゴケを採集したのは
蘚類の研究者であったため、それは最初から蘚類にきまっていた
とおっしゃる専門家もいらっしゃるくらいだ。

それくらい蘚類とタイ類は別の生き物なのです。

そう思って、ひとしきり落ち込む。
蘚類もタイ類もツノゴケ類も
コケというコケは全部好きな私は、たぶんコケに向いていないんだろうなぁと。



(T_T)




ハタケゴケの間にいるヘチマゴケの仲間とハリガネゴケの仲間も
全部主役にみえてしまう・・
ハタケゴケたち

そして
プランターの主としゃべりまくって、コケをもらう許可までもらったのに
採集してくるのを忘れてしまった。

(T_T)

 
コケ云々というより、ただの「注意力散漫」
人間なのかもしれない。

あーあ。。

















スポンサーサイト

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -