苔・コケ・コケ展@京都府立植物園



フウの紅葉がすばらしかった京都府立植物園。
京都はさぞかし寒いだろうと思いきや、今年の秋は全国的に暖かかったのですね。

フウ


念願叶って「苔・こけ・コケ展」に行ってきました!

3_201511281313045bd.jpg

なんと会期中の入場者数が4300人を上回ったとか!
すごい人気っぷりです。
2日間覗きにいかせていただいたのですが、連日押すな押すなの大盛況。
それでも目的としていた観察会や講座にも滑り込むことができて大満足でした。

展示内容については、おそらくここよりずっとすんばらしい紹介が
どこそこでされていると思われるので、なんとか写真に撮れていたものをご紹介。

▼オカモス関西有志による写真パネル展示。
前もってコケ友さんからすごいらしいよ情報はちらっといただいていたのだが
写真が美しい、それだけでも見応えがある上に、引きの様子とクローズアップ
そして実物まで展示されているというこだわりよう。ここだけで観察会できてしまいそう。
5_20151128131306400.jpg

▼ナマ苔も多く登場していたのだが、それぞれ管理され育てられ大切にされている様子。
育てるコツを伝授いただきたかったなぁ。
6_20151128131308c8d.jpg

▼コケ好きさんなら一度はお聞きになったことがあるだろう「MOSS Light-LFD」さんの
コケ入りライト。他の明かりを消して、ベッドの脇に灯すと良い雰囲気なのだそうです。
そうでしょうそうでしょう。コケのユメが見られそうです。
2_20151128131303446.jpg

▼Kさんが育てられはるばる岡山からこの日のために運ばれて来たオオカサゴケと仲間たち。
野生では蒴を見た事がないので、じっくりながめさせていただきました。いやぁ立派!!
1_20151128131302bc7.jpg

▼さらに、Kさんのコケたちは唯一「おさわり」OK。こんもりしたオオミズゴケのクッション
たくさんさわらせていただきました。
ミズコケ1

▼↑のプランターを横から見せてもらうと、なんと!2つのプランターが
ミズゴケで連結されているではないか!
これが外れてしまわないよう搬入するのはふたりがかりだったらしい。
ミズゴケがこんなに居心地良く育てることができるなんて。すごいなぁ。
ミズゴケ

▼思わずポケットに入れて、いや、口に入れたい衝動を抑えるのが大変だった
コケ和菓子。
コケ和菓子

販売されていたコケグッズも多様で選ぶ楽しみ見る楽しみがてんこもり!

▼コケイロさんグッズに
kokeiroさん

▼tamuさんグッズ
Tamuさん



あ!

MOSS-T PROJECTのコケTを販売していただいていたコーナーの写真がなーい!
がーん。。


お陰さまで、コケTの長袖バージョンはすべて完売いたしました。
長袖ということで少しお値段も高かったので、まさか完売するとは
思ってもおらず(コケ展では実は2枚残ったのですが相方さんのお陰で即日売り切れたという・・)
余ればこちらで購入希望される方を募ろうというたくらみも
企みだけに終わってしまいました。

お買い上げいただいた方、本当にありがとうございます。
いつかコケTを着てお会いできる日を楽しみにしております!


コケ展あれこれ、続きます。








スポンサーサイト

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -