イチョウウキゴケ~冬の陣II~



このような地味な場所に訪問くださりありがとうございます。

主体はコケ観察の日記のようなものですが
会いたいコケに会えない日も多々あるわけで。
いや、会えないというより、姿は(「肉眼」では)見えないけれどもその
姿が見えない様子を観察するというのもワタシとしては
コケの観察の一部なのでありまして。。

今日は思い切ってこんな究極の地味画像。
icyou1_2016011718180681f.jpg

田んぼの泥です。
でもただの泥んこではありませんよ。
春になるとぽつぽつとイチョウウキゴケが出現するであろう
イチョウウキゴケ混じりの田んぼの泥なのです。

前回とはまた違う場所ですが
やっぱり、いそうな場所にもひとかけらも見つけられず。
isyou3.jpg


稲刈り後除草のためにやはりひっくり返される田んぼ。
ひょろひょろとコツボゴケや雑草の芽が出ているくらいでほとんど何もない。
icyou2_201601171818079ae.jpg

2号が無事センター試験に出発し
3号を練習場所まで送り届けることができたので
丸々と着込んで畦をゆっくり歩きました。

ええ空気やなぁ(*´ω`*)


もう1か所訪れた刈田には
やはり越冬中のイチョウウキゴケ。
icyou4.jpg

お!


見てみて!
4種類の「コケ」が肩を寄せ合っておりますよ~(ってどのあたりが肩なのかは不明)
icyou5.jpg

1・蘚類(ハイゴケ)
2.苔類(イチョウウキゴケ)
3.ツノゴケ類
4.維管束植物(コケオトギリ)


ね~



::


緊張の2日間。
全国のセンター受験生さんに桜が咲きますように(*´▽`*)





スポンサーサイト

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30