Entries

    スナゴケたちの華麗なるデビューPart 1.『ふりこけサッサ』


    朝の食卓に。
    1

    熱いご飯にひとふりすると
    味わい深いコケ風味がおかわりを促す・・(・∀・)

    のではなく。

    なんと
    さっさっとふりかけるだけで、コケを簡単に生やすことができるという優れモノ。
    ふりかけタイプのスナゴケなのである!
    2

    なんということでしょう!

    これは、もうずいぶんと前になるのだが
    コケ友さんからいただいたプレゼントである!

    実は商品のことは風のたよりで知っていたものの
    手を出すことができず、気になって気になって仕方なかったのだ。
    そこへもってこのプレゼント。
    コケ友Hさんにまんまと心中を読まれていたか!と仰天してしまった。
    ありがとーーー(T_T)

    商品の紹介はこちらの記事に→★★★

    さてと。(わくわく)
    もったいないので、ちょこっと出してみる。
    3

    紛れもなくスナゴケです。

    調子にのって、もうちょっと出してみる。
    4_20160505185219776.jpg

    さらに調子にのってクローズアップ!
    5_20160505185221ec5.jpg

    ああ
    もうこうなったらやるしかないでしょう。

    お水を一滴!(一瞬です)


    よみがえるよみがえる~♪
    この一瞬が、地味なコケが魅せてくれる「動」。
    みんなに見せたくなる動きであります。
    ※「生きて」いなくとも、例えば100年前の標本であっても
    コケの多くは水を含ませると、細胞のカタチが元に戻ります。



    せっかくのふりこけ、ずっと大切に飾って眺めていたいと思っていたのだが
    なんと、賞味期限が

    もとい。
    「使用期限目安」が。
    ふりこけ

    いくら乾燥に強く、休眠状態とも仮死状態とも
    いえる状態で耐えることができるコケも
    生きている植物には違いないわけで
    やはりあまり古くなると枯れてしまうのだろう。

    うーん

    どこに使おうかまだ思案中なのだが
    使用期限内に良い場所を見つけたいと思う。(わくわく)










    ::


    くまもとのコケ友くんに再会することができました。
    コケ友くんの叔母さん(というには申し訳ないようなお姉さんのような・・)Kちゃんと一緒に。
    kokekun1.jpg


    半年ほどお会いしない間にすっかりお兄ちゃんになっていて
    さらにコケ度が増されたようにお見受けいたしました。

    リアル蒴太郎くん?
    kokekun.jpg

    来週からやっと学校が再開するらしい。

    また、コケ見にきてね。



    スポンサーサイト

    Appendix

    プロフィール

    musimegane6

    Author:musimegane6
    アート目線なコケ観察。
    いきもののカタチは美しい。


    コケとコケのまわりのブログです。

    カレンダー

    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: