Entries

    ヒメジャゴケ 雌器托の成長(室内編2) 太陽と仲良しの巻



    室内で観察したヒメジャゴケ

    日中は朝日の当たる食卓に放置し
    夕食前には棚の上に移動という繰り返し。

    日光の降り注ぐ窓側に向いて伸びる雌器托たち
    H1.jpg

    ふと思い立って、ちょっと意地悪だけど
    お昼すぎに、向きを変えて置いてみると・・

    H2.jpg

    夜にはよっこいしょ~と、柄を反対方向に向けようと努力した様子が見えた。
    H3.jpg


    明るい方向にみんな一緒に傾いてまるで号令でもかけられているようで楽しいなー
    Hヒメジャ

    と、普段から何気なく見ていた雌器托たちだが
    想像していたより、時間とともに動いているのかもしれない。


    そこで、もう一度
    もう少し長く伸びた時期に同じことをやってみた。

    ▽朝の様子(右側が窓)
    S1.jpg

    ▽ちなみに今回は、またまたいじわるだけど(*ノωノ)
    5つほどアタマをもぎとって柄だけにしてみた・・(ごめんよう。)
    S1GIF

    ▽10時頃
    S3.jpg

    ▽お昼頃
    S4おひる

    ▽14時頃
    S5 14

    ▽17時頃
    S6 17

    ▽18時頃
    S7 18

    ここで、夕食の支度となり、観察終了~☆彡

    ▽アタマをもぎとってしまった柄も、ちゃんと一緒に動いてました(*´ω`*)
    S8 アップ




    ::

    今思えばヒメジャ観察中は、ちょうど家族イベントが目白押し。
    観察記録を兼ねているこのブログをしていなければ、撮ったまま放置していたかも。。
    写真をたどりながら、採集しただけになっている標本のことも思い出しました(*´Д`)

    これからぼちぼち楽しみます☆



    で・・

    まだ続きますヒメジャゴケ(=゚ω゚)ノ



    スポンサーサイト

    Appendix

    プロフィール

    musimegane6

    Author:musimegane6
    アート目線なコケ観察。
    いきもののカタチは美しい。


    コケとコケのまわりのブログです。

    カレンダー

    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: