Entries

    ミヤケツノゴケのための草刈り。(庭の備忘録)



    ヒトの住処とは思えないほど荒れた庭
    もしくは自然に戻ろうとしている庭

    の、

    梅雨入り前の草刈り。


    リョービ

    3年以上放置していた菜園を再開させたい
    というのもあるが、草だらけだと
    かわいいかわいいミヤケツノゴケが居なくなってしまう。

    かもしれない。

    我が家のかわいいかわいいミヤケツノゴケの様子はこちらで★★★



    菜園の土留めにしていた枕木からは
    知らない間にキノコが・・
    フウセンタケ チャツミタケ

    勝手に生えてくれて、これが食べられたら菜園にはもってこいだ!
    フウセンタケ チャツミタケ2
    ・・と淡い期待を寄せてみたが、どうやら毒キノコらしい。
    キノコに詳しいIさんによると、フウセンタケ科チャツムタケ属のキノコなのだそうだ。

    風船タケ。茶摘?タケ。

    うう。キノコの和名もかわいらしい・・

    さらに、これもIさんに教えていただいたのだが
    クワの実が熟す前に白く硬くなってしまうのは、キツネノワンの胞子のシワザなのだそう。
    くわ

    なんでも、このキツネノワンというのは、クワが花を咲かせている時期に
    胞子を飛ばすのだそうで、それ以外の季節には本体(キノコ)は見つけられないらしい。
    来年は、花の時期にこのキノコを見つけてやろうと楽しみにしている。




    さて。
    剪定したローズマリーが大量にあったので
    今年はチンキを作ってみることに。
    ローズマリー

    あとは、乾燥させてジャガイモ料理にでも使うか?
    茎の部分を干して燃すと、虫除けになるとどこかで読んだ覚えがあるのだが
    どうなんだろう。

    ※乾燥ローズマリー、もしご要り用でしたらメールフォームよりご連絡ください。


    そういえばローレルも長い間剪定していないなぁ・・
    葉を使うのは年に数回限りなので、剪定しても葉っぱは堆肥行きだ。

    ※ローレルの葉、もしご要り用でしたらメールフォームよりご連絡ください。





    菜園とともに放置状体だった井戸は、パッキンが劣化。
    交換してもらわなければ・・
    井戸

    BOYSたちが水遊び泥んこ遊びをしていた頃がなつかしい(・ω・)
    その頃は、草もあまり生えなかったんだよね。(生えたくても生えられなかったんだよね。)





    スポンサーサイト

    Appendix

    プロフィール

    musimegane6

    Author:musimegane6
    アート目線なコケ観察。
    いきもののカタチは美しい。


    コケとコケのまわりのブログです。

    カレンダー

    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: