イチョウウキゴケの消滅



2011年に確認してから
毎年安定してイチョウウキゴケが見られた田んぼ。

0618イチョウ

0618イチョウウ2


今年は遠目に見てもなんだか様子が違う。
1_201606142119067ef.jpg

違う。
2_20160614211907506.jpg


どうしたものか。

大群生だったイチョウウキゴケが驚くほど潔く消滅し
何事もなかったかのように浮草がとってかわっている。



実はこの浮草大群生に気が付いたのは1ヶ月ほど前のこと。
すでに大群生になっていると思い様子を見に寄ってみると
ukikusa.jpg

なぜだか浮草しか目に入らなかった。
ukikusa2.jpg



いくらなんでも、少しくらい残っているだろうと期待して
胞子体がよくわかるほどに成長する時期を見計らって再訪してみたのだが
私の見る限りでは1つも見つけられなかった。


全滅してしまったのだろうか?


だとしたら、今年の1月写真に撮ったのが
彼らを見た最後ということになる。
icyou16111.jpg



いつでも会えると油断して
ほとんど標本にしていなかったことが悔やまれてならない。




かむばっーく
イチョウウキゴケ(;_;)






スポンサーサイト

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -