屋久島コケ学会 (コケ料理編)



第45回日本蘚苔類学会屋久島大会にお邪魔してきました。
先ずはお世話になった皆様に心からお礼申し上げます。

ヤクスギランド7




「学会」は、研究者の皆様の神聖なる発表の場ではありますが
私のようなマニアでも発表からポスター発表までがっつり拝聴することができるし
一般公開講座やエクスカーション、オプショナルツアーもとても充実しているので
参加させてもらうのを毎年楽しみにしています。

講座


準備される側は、想像できないくらいお忙しい時間を過ごされているに違いない!のに
参加者を楽しませてくれるこんなサプライズを用意してくださっていました。

懇親会のデザート。

その名も

「花崗岩に着生するアラハシラガゴケジェラート」

ジェラード


コケ風とか、コケっぽい
だけでもうれしいコケ好きなのに
屋久島の花崗岩と「アラハシラガゴケ」
表現されたジェラートですよ。

シラガゴケ属とか○○の仲間とかコケの名前を言う際ありがちな
やんわりとした呼び方ではなく、ばしっと種名、アラハシラガゴケなのです。しびれます。

花崗岩=ジンジャーミルクティ
アラハシラガゴケ=ヨモギミルク
の二層になっており、一緒に食べても一層ずつ食べても
爽やかな味わい。

ジェラード2

ちなみに、こちらが屋久島の花崗岩
花崗岩

そして、こちらがアラハシラガゴケの色合い
アラハシラガゴケ

うーん
そっくり!(*´ω`*)
まことに美味しゅうございました。


さらにサプライズとして屋久島のコケの森を表現したオードブルまで出現!
オードブル

オードブル2

倒木ゴボウ


遊び心とこだわりと
そしてセンスあふれるオードブルでした(*´ω`*)
思い出に残るコケ料理
ごちそうさまでした~!





::




他にも屋久島はトビウオ料理が有名らしく
まるごとトビウオのから揚げが登場したのですが
懇親会恒例の自己紹介で緊張してしまい(&うまくしゃべれず。。。)
写真を撮るのをすっかり忘れてしまったのでした。。
スポンサーサイト

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30